登山におすすめの腕時計15選!水や衝撃に強くGPS機能は当たり前?

水や衝撃に強くGPS機能などもついていてスマホとの連携できる腕時計を紹介します。

今時登山はGPS時計は当たり前で、タウンユースも可能です!!

GPS機能搭載の時計

カシオ(CASIO)プロトレックスマート

GPSと連携し現在地を正確に表示することができます。
ディスプレイが大型であるため見やすいし操作もしやすいんです。
距離や速度、気圧の変化や高度までもその場で表示されます。
耐久性もあり登山用としておすすめでさすがの「プロトレック」シリーズといったところですね。

スント(SUUNTO)トラバース・アンバーGPSアウトドアウォッチ

フィンランドの腕時計ですがデザインがシンプルなのでファッショナブルということで世界的にも人気があるんです。
GPSはもちろんロシア版の衛星測位システムであるGLONASSまでをも搭載しているというハイスペック。
それによって距離や高度、速度などがより正確に表示されるんです。
これで万が一道に迷ってもスタート地点まで素早くきっちりナビしてくれるので安心ですね。

エプソン(EPSON)リスタブルGPSフォートレック

エプソンオリジナルの低消費電力システムが利用されているためにGPS機能を使っても110時間もの長い時間計測することができます。
方位、気圧、気温、標高、GPS機能といった5つのセンサーからの情報を分析することで移動ルートや高低差、位置情報などがとても正確に表示されます。
この腕時計にスマホやパソコンから地図を取り込むこともできるんです。
それによって目的地までナビしてくれるので登山のときにはとっても安心です。

ガーミン(GARMIN)fenix

これはアメリカが創業した機器メーカーで作られているのですがディスプレイに摩耗や傷に強いサファイヤガラスを使用しており。
リングとメタルバンドにチタニウムが採用されているため衝撃に強いです。
GPS機能の精度も高いです。
ベルトはブラックレザーとブラックラバーも付属しているのでこれもおしゃれです。

ラドウェザー(LAD WEATHER)GPS

この腕時計は心拍測定もできるためマラソンやジョギングにもおすすめです。
機能が高い割にはお手頃価格ということで人気があります。
アウトドアで使用する場合はGPS機能によるナビゲーションシステムで目的地の方向や距離、到着までにどのくらい時間がかかるかと簡単に計測することができます。

高度計た搭載された登山用腕時計

バリゴ(BARIGO)アウトドアウォッチ

ドイツの気圧計メーカーで作られているので気圧の変化から天候の変化を予測するアイコンがついていて、高度や気圧、方位が簡単に確認できます。
デザインはシンプルでディスプレイは大型です。
夜間や暗い場所でもバックライトがついているので安心です。

セイコー(SEIKO)プロスペックス

プロスキーヤーで登山家の三浦豪太氏が監修を務めた実用性の高い腕時計です
高機能の割にはお手頃価格、初めて利用されるかたにもおすすめです。
アウトドアに必要な気圧、温度、高度や方位も測定でき、耐久性があり見やすくて使いやすいモデルとなっています。
登山時に心配になる電池切れもソーラー電池のために心配ご無用です。

タイメックス(TIMEX)エクスペディション

ディスプレイの幅が37mmとなっているためにとても見やすく、耐久性もあります。
耐久性についてはなにしろ世界的登山家であるコンラッド・アンカー氏が開発に参加して過酷なテストにも合格していますから。
方位、温度、気圧や高度なども表示されるのでとても便利です。

ソーラー充電が可能な腕時計

セイコー(SEIKO)プロスペックス フィールドマスター

シンプルでリーズナブルかつ使いやすく、衝撃にも強く防水性も高いです。
簡単な方位も確認でき、ストップウォッチ機能も搭載。
ディスプレイも大きいので見やすいです。
もちろんソーラー充電であるために安心してつけられます。

シチズン(CITIZEN)プロマスター

方位、そして地上1万mまで図ることができます。
室内の小さな光や太陽の光を動力に変えることができるアナログ式発電の「エコ・ドライブ」を搭載しています。

カシオ(CASIO)プロトレック

これは釣りが好きな方のおすすめです。
魚の釣りやすさを予測したり潮の満ち引きを読み取ることができるのです。
また気圧、高度、方位も測ることができるのでアウトドアにぴったりです。

タウンユース可能な登山時計

ガーミン(GARMIN)フェニックス

心拍数やカロリー消費も表示されるので登山だけではなく、スイミング、フィットネス、ランニングなどにも最適です。
そしてなんといってもそのデザイン。洗練されて人目を引きます。
GPS機能の精度が高いので気圧、高度、方位を測定して目的地へナビゲートします。
LEDバックライトもついているだめに暗い場所や夜でも安心ですね。

スント(Suunto)トラバース

リングにはステンレススチールを使用しているので普段でもつかえるおしゃれなモデルです。
もちろんGPS機能も精度も高くナビゲーションもスムーズ。
バッテリー長持ちで最大100時間ほどGPS情報を記録できます。
スマホアプリと連動して登山の記録を3Dマップに記録できます。

ラドウェザー(LAD WEATHER)センサーマスター

デザインはシンプル。とてもおしゃれです。
衝撃に強く100mもの水でも問題ありません。これほど完全なアウトドア仕様にも関わらずお手頃価格でリーズナブルです。
気温、気圧、方位や子どなどの機能もついているのでやはり登山にぴったりです。
また消費カロチー、運動時間、歩数、距離も表示されます。
気圧の変化で天気を予測できるので嵐が近づいた時も知られてくれます。

セイコー(SEIKO)プロスペックス ランドマスター

エベレスト登頂を果たした三浦雄一郎氏がプロデュース
なんといっても針の太さ、バランス、見易さにもこだわりましたのでそのフォルムが究極に美しく、長く使えばつかうほど馴染んでいきます。

登山腕時計の必要性

登山中は自分の歩くペースを理解し時間配分どおりに進んでいるかを確認する必要があります。
登山腕時計は衝撃や雨に強いためそういった意味でも必要です。
また見やすく設計されているのでどんな体勢でも暗い場所でもすぐに時間がわかります。

「高度計」と「コンパス」の機能によって登山の進行状況を確認できるので地図上のどこにいるのかを知ることができます。

「気圧計」の機能により天気の変化を把握できます。
「温度計」によって服装調整ができます。
「ソーラー充電」の機能があれば突然電池が切れることもないので安心です。

登山腕時計の選びかた

  • 耐衝撃性
  • 耐水性
  • 視認性

の3つがきちんと搭載されているかどうかを見極める必要がありますね。

おすすめメーカー

カシオ(CASIO)
カシオといえばG-SHOCKが有名ですが「プロトレック」シリーズは登山専用に開発され機能が多彩で高性能です。
ソーラー充電式があるのもいいですね。

スント(SUUNTO)
フィンランドのブランドで80年以上の歴史をもち、スタイリッシュなデザインでおしゃれ。
機能も高く操作もしやすいです。

ガーミン(GARMIN)
創業はアメリカですが今ではスイスに本社があります。
このメーカーでは航空機のGPSシステムを手掛けるほどの技術力。
地図情報やナビゲーション機能を簡単に操作できるのが便利です。

まとめ

登山腕時計があれば気圧や方位、高度など知ることができ、山の地形を体感でき気候も予測できたりすることからモチベーションも上がりまた安心、安全に行うことができます。

登山やトレッキングをもっと楽しむために自分にあった腕時計を吟味してその機能を使いこなすことが大切ですね。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者向けおすすめテント5選!初のテント購入はこれでOK!

はじめての方におすすめなキャンプ料理!これであなたもキャンプ料理の達人に!

アイゼンのおすすめモデル!装着方法や使い方別で厳選!

おすすめのアウトドアナイフ12選!キャンプ・登山に必須です!

アウトドアストーブは冬のキャンプのマストアイテム!