初心者おすすめバーナー5選!用途やシーンに合わせて厳選

キャンプ場でも登山でも大活躍!

アウトドアを格段に快適に、食事のバリエーションを広げてくれるのがバーナー。

しかし、ブランドや燃料のタイプ、形状など種類が豊富なので、自分にはどれが合っているのか見極めるのは難しいですよね。

そこで、用途やシーンに合わせたおすすめバーナーを紹介したいと思います。

分離型のバーナーならSOTOレギュレーターストーブ

大きめの鍋でも安心。軽量でも抜群の安定感でお財布にも優しい!!
(燃料:CB缶 重量:350gサイズ:17×15×11cm収納サイズ:14×7×11cm)
キャンプ用品を選んでいるうちにテンションが上がって、色んな料理がしたい!ダッチオーブンなどを使いたくなった!という方にもおすすめしたいのがこちら。
バーナー本体や五徳がガス缶から離れているため重い鍋、大きい鍋に最適な設計になっています。
一体型のバーナーだとどうしてもガス缶などで重心が高くなってしまい、不安定さが生じるため重い鍋や大きめの鍋には向いていません。
分離型であればそんな悩みを解消してくれます。
SOTOのレギュレーターストーブは分離型のバーナーの中でも軽量な設計ながら安定感抜群。そして何より価格も手頃なので、比較的手が出しやすい商品ではないかと思います。

プリムスウルトラバーナー

プロも愛用!超軽量&コンパクトで登山やトレッキング先でも大活躍!!
(燃料:OD缶 重量:116g 収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm五徳サイズ:大148mm/小90mm)
登山や車では行けないようなシーンでは、とにかく荷物を軽く、コンパクトにまとめることが重要になってきますよね。
そこでおすすめしたいのがこのウルトラバーナーです。
折りたたむと手のひらに収まる超軽量&コンパクト設計!さらにこのサイズでハイパワー。
防風効果も高い設計となっています。また、このバーナーはプリムスのライテックケトル&パンというクッカーに、小型のガス缶と一緒にすっぽり入るようになっているので、バッグパックの場所もほとんど取らずに持ち運ぶことが可能です。
数ある荷物の中で、小さなバーナーをどこにしまっただろうと見失ってしまう心配もありません。
つまり、超ハイスペックで登山やツーリングにもってこいということです。

プリムス2243バーナー

安定感のある五徳で防風効果もバッチリ!一体型でもより安定感がほしい方に!!
(燃料:OD缶 重量:253g 収納サイズ:10.7×10.7×5.9cm五徳サイズ:120mm)
こちらはウルトラバーナーと比べると、五徳が大きい分サイズは少々大きめですが、その大きくがっしりとした五徳が安定性を高めてくれます。
軽量コンパクトなのに安定性が高くて風にも強い!そんないいとこ取りの商品です。
筆者も愛用していますが、少々重めのクッカーでも滑らず使える優れものです。
ツーバーナーがほしいけど大きくて車に積めないという方も、このバーナーを2つもしくは他のシングルバーナーと併せて用意することで、同時調理も可能です。
点火方法もシンプルで分かりやすいので、非常に使いやすく初心者におすすめの商品となっています。

コールマン パワーハウスLPツーバーナーストーブⅡ

2品以上の同時調理が可能!本格的な調理を楽しみたい方やファミリーにおすすめのツーバーナー
(燃料:アウトドア用ガス缶 重量:約4.2kg 使用時サイズ:約64×32.5×52cm 収納時サイズ:約54×32.5×7cm)
ツーバーナーの最大のメリットは、2品以上の調理を同時進行出来ることです。
また、こちらは防風効果も高くハイパワーなので、火力に悩まされることがなく調理がはかどること間違いなしです。
朝起きてから「朝食のために炭火を起こすのは面倒だけど色々食べたいな。」という方も、時間もかからずメニューの幅も広がるので重宝するでしょう。
シングルバーナーと比べるとどうしてもサイズは大きくなってしまいますが、こちらは折りたむことができ、比較的コンパクトで軽量なデザインになっているので持ち運びやすい商品です。

snowpeakギガパワーツーバーナー スタンダード

自分好みにカスタマイズ!キャンプ場でもすっきりカッコいいキッチンがほしい!
(燃料:アウトドア用ガス缶 重量:約7kg 使用時サイズ:約56.3×51.4×38.3cm 収納時サイズ:約50×11×36cm)
こちらもツーバーナーです。
オートキャンプでスタイリッシュなキッチンを実現させるならこちらがおすすめです。
同ブランドから出ているアイアングリルテーブル(以下IGT)のフレームに組み込むことができるので、安定感良しで見た目もスッキリなキッチンが出来上がります。
もちろんIGTがなくても卓上で使用出来ますが、これを一度見たらきっと全部揃えたくなるんじゃないかと思います。
筆者が初めて見た時は「こんなのもう、普通に家のキッチンじゃん!」と感動しました。
価格的にはあまりお手頃とは言えないので、初めてバーナーを購入する方にはちょっとハードルは高いです…が、IGT自体のカスタマイズの幅がとても広く、高さや広さを変えられる仕様になっているので、自分好みでカスタマイズにこだわりたい方に是非おすすめします。

まとめ

今回はバーナー5選をご紹介しました。

バーナーは、調理や食事の時間をよりよくしてくれる必須アイテムです。
燃料の取扱いのしやすさで選ぶこともポイントです。

ギアによって燃料がバラバラだと大変なので、同じブランドで揃えたり、使える燃料を確認しておく必要があるので注意しましょう。
より快適でおいしいキャンプを楽しむために、是非ご自分のアウトドアシーに合わせたバーナーを用意してみてはいかがですか。

(Top photo by: snowpeak.co.jp)

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

はじめてのキャンプ!これだけやれば心配なし!!~実践編2(設営)~[4/5]

アウトドアストーブは冬のキャンプのマストアイテム!

はじめてのキャンプ!これだけやれば心配なし!!~撤収編~[5/5]

はじめてのキャンプ!これだけやれば心配なし!!~実践編1(到着後)~[3/5]

はじめてのキャンプ!これだけやれば心配なし!!~準備編2(装備品)~[2/5]

はじめての方におすすめなキャンプ料理!これであなたもキャンプ料理の達人に!