アウトドアストーブは冬のキャンプのマストアイテム!

寒い冬に、快適にキャンプを楽しむには、なんと言ってもストーブが必要不可欠。
それでは、キャンプのようなアウトドアで使えるストーブはどんなものがあるのでしょうか。

その種類と、メリット・デメリット、選び方や使い方、そして、本当に人気のあるストーブは?そんなあなたの疑問に答えます。
今年、冬キャンプデビューを考えている方、必見です!

あなたの冬キャンプを快適にするストーブについて!!

キャンプに最適なストーブは3種類。メリット・デメリット徹底比較!

アウトドアストーブと呼ばれるのは、石油ストーブ、薪ストーブ、そしてガスストーブの3種類。

快適な冬キャンプには欠かせない、マストアイテムですが、それぞれに異なる特徴があります。

各ストーブのメリット・デメリットを知って、あなたのキャンプスタイルに合ったストーブを選びましょう!

石油ストーブ

最大の魅力はパワフルな火力。持ち運びがちょっと大変。

メリット 強力な火力で、広い空間を暖められます。
ストーブ上部が平らで、鍋ややかんを温められるので、簡単な調理ができます。(カレーやおでんなど煮込む料理がオススメ!)
デメリット サイズが大きく、重量もかなりあるため、持ち運びがネック。
石油を購入・補給する、メンテナンスが必須のものもあるなど、手間がかかります。

車の乗り入れができるオートキャンプ場で、大人数で冬キャンプ!などの予定がある方におすすめです。

薪ストーブ

暖房器具では最強!冬場でも汗ばむほどの暖かさ。

メリット ストーブの中では一番暖かく、かなり広い空間も暖められます。
薪の量を調節することで、幅広い温度域で室温の調整が可能です。
比較的多くのキャンプ場で、燃料となる薪が調達できるので、燃料が切れても安心。
デメリット  着火方法など、取り扱いがかなり難しく、慣れるまでは苦労することも多いです。テント内で使用する場合、換気機能を備えていることはもちろん、コットンテントなど、限られたテント内でないと使用できません。

コットンテントなど、室内での薪ストーブ使用が可能なテントを持っている、または購入予定の方におすすめです。

※テント内で使用する際は、換気を十分に行うなど、一酸化炭素中毒に気をつけましょう!

ガスストーブ

コンパクトで持ち運びに便利!!
少人数なら十分!?

メリット 市販のガス缶があれば、誰でも簡単に使用することが可能。
軽量でコンパクト。持ち運びに便利です。
デメリット  石油ストーブ、薪ストーブと比べて火力は弱く、大人数のキャンプや広い空間を暖めたいときには向かないでしょう。

荷物をなるべく少なくして、ソロキャンプを楽しむならこちらがおすすめです。

キャンプストーブの豆知識

一般的な石油ストーブの発熱量は、だいたい1.5kW~2.5kW。どのくらいの暖房能力かというと、寒冷地のコンクリート集合住宅、6~10畳分を温めることがきるくらいです。
テントに換算すると、6~10人用に対応できる、ということになります。
しかし!テントはコンクリートのような分厚く、熱を通しにくい壁で囲まれているわけではないので、実際の使用サイズは、3人~5人くらいを想定するとよいかもしれません。

キャンプストーブのもう一つの魅力、ストーブ料理を楽しもう♪

キャンプストーブのお楽しみと言えば、そう、ストーブ料理です!
上部が平らで、調理器具を載せることのできるストーブは、ぐつぐつと料理することができます。
弱火で、じっくり火を通す料理に向いています。鍋やカレー、おでんはお手の物!
ストーブの上に鍋を置き、みんなで暖をとりながら語らえば、暖かく美味しい、特別な冬の思い出になるでしょう。

そんな素敵なストーブですが、耐荷重には要注意。
中には、上に鍋などを置くことを想定していないものもあり、故障や事故の原因になります。
説明書を必ずチェックして、OKのもののみ載せるようにしてください。
特に、ダッチオーブンなどの重い調理器具は、説明書に「大丈夫」と記述のないものには絶対に載せてはいけません!

テント内でストーブを使用する際の注意点

テント内でストーブを使用するとき、なんと言っても一番気を付けなければならないのは換気です!
冬のキャンプシーズンになると、テント内での誤ったストーブの使用による、一酸化炭素中毒の事故が毎年少なからず起きています。
きちんと安全に、快適に過ごすために、換気には十分に気をつけること!
さらに、一酸化炭素警報機などの装備を準備し、事故を起こさないようにしましょう。

Tepoinn(テポインー) 一酸化炭素警報機 防災アラーム
アウトドアストーブを室内で使用するなら、欠かせないアイテム。
設置しなかったがために、命の危険が…!そんなことにならないために、ストーブと一緒に必ず設置しましょう。
参考価格:1,780円

それでは、ストーブの種類と特徴、注意点がわかったところで、それぞれのストーブの本当のおすすめをご紹介します!

石油ストーブなしでキャンプストーブは語れない!

フジカハイペット KSP-229-21C-J2R型(反射板付モデル)

多くの人から人気を集める、コンパクトでありながら高性能も兼ね備えた日本製の石油ストーブが、この「フジカ」と呼ばれるフジカ・ハイペットストーブです。
点火方式は、マッチ・ガスライターを使用。電池を一切使いません。
また、耐震自動消火装置がついていて、倒れても自動で消火してくれるので、安全性も高いです。
転倒しても、燃料がこぼれない構造になっているので、燃料を入れたままの移動も心配なくできますし、転倒などによる大事故につながりにくいメリットもあります。
標高が高い所でも使えて、軽量・コンパクトなので、低山登山や標高の高いキャンプ場での使用におすすめです。
参考価格:26,250円(税別)

アルパカ 石油ストーブTS-77標準

シンプルで可愛らしいフォルムが人気の比較的小さなストーブ「アルパカ」。
標準とコンパクトの2サイズ展開で、年々人気が高まっています。
点火や消火は手動で、使い方は簡単♪
また、通常の家庭用石油ストーブは、持ち運ぶ際、振動によりオイルが漏れないように、燃料をすべて使い切って、灯油タンクを外してから移動します。
つまり、使用する前は現地で燃料を補給する、移動や帰る前に灯油を使い切る必要があるのです。
こちらのアルパカストーブは、タンク一体式となっており、移動の振動で灯油が漏れてしまうことはありません!
アルパカ定番のこちらのストーブは重さが6.4kgです。

参考価格:17,200円

アルパカ 石油ストーブTS-77コンパクト

TS-77のコンパクトタイプがこちら。少人数でのキャンプをする方や、持ち運びの利便性を重視する方におすすめ。
タンク容量5.0Lで、14時間以上使用できます。
こちらは、耐震自動消火装置はついていないので、揺れや衝撃などによる転倒の心配がない、安定した場所で使用します。
軽くてコンパクト、かわいいフォルムに、料理にも大活躍!女子キャンプにもおすすめです。

参考価格:17,700円

トヨトミ レインボーストーブRB-25F(ホワイト)

特殊ガラスの円筒が7色に発光。40Wの明るさで、ストーブでありながら、間接照明としての人気も高い、トヨトミのレインボーストーブです。
フジカやアルパカと同じ、対流型のストーブになります。
遠赤外線効果はなく、常に暖気は天井方向に向かうので、コンパクトなサーキュレーターなどを併用すると、さらに効果的です。

参考価格:24,800円(税別)

武井バーナー パープルストーブ501A

アウトドアストーブの老舗、武井バーナー。そんな「武井」の愛称で親しまれているのが、こちらのパープルストーブです。
コンパクトでレトロなフォルムと、それに見合わぬ!?圧倒的な高熱量で、キャンパーの心を魅了し続けています。
上記で紹介してきたストーブとは違い、タンク内気圧を上げるためのポンピング→プレヒート(余熱)→点火と、火入れに手間がかかりますが、そこがまたいいのです!

参考価格:65,000円(税別)

アラジン ブルーフレーム3911(W)ホワイト

完成されたフィルムと性能が魅力の、アラジンのブルーフレーム。なんと約80年もの間、基本的なモデルチェンジはありません。(少しずつ改良はされています)
レトロでおしゃれでありながら親しみのわくルックス。取手がついていてコンパクトな、移動の利便性。そのどちらも兼ね備えています。
多くの方に愛用され続ける、名品です。

オープン価格

冬キャンプだもん!薪ストーブで手間もコストもかけて、ダントツの暖かさを体感しよう
手軽ではないし、コンパクトさもない。でもそこがまた愛おしく思えるのが薪ストーブ!
人気ストーブの中ではトップの暖房能力、実用性、機能性を誇ります。
薪ストーブは、空気の量を調節して燃焼効率を高めることで、長時間薪を燃やし続けることができます。
遠赤外線の柔らかな暖かさは、心も体も奥底から暖めてくれます。

ホンマ製作所 時計1型薪ストーブ AF-60

日本を代表するストーブメーカー、ホンマ製作所の時計1型薪ストーブは、数ある薪ストーブの中でもメジャー商品。
たくさんのキャンプ場でも取り入れられています。
調理だってお手の物!ストーブ上部のふたを開けることで、鍋などの調理器具も入れられます。薪の炎で炊いたごはんは格別です♪

参考価格:4,259円(税別)

アネヴェイ フロンティアストーブ

軽量で、移動時には分解して、長い脚も折りたたむことができ、分解したパーツは本体内に収納できます。
そんな実用性に優れたデザインと、熱効率の良さが魅力。奥行きがあるので、長い薪でもラクラクイン!の、実力派ストーブです。

参考価格:38,000円

アネヴェイ ホライゾンスト―ブ

煙突部分がなく、外周フレームを採用。かなり特徴的なデザインです。ステンレス製で軽量ですが、耐久性はばっちり!
燃費が良く、料理にも、強い火力を発揮します。その力は、4リットルの水を15分で沸かすことができるほどです。
また、燃焼による煙や有害物質を抑えた、環境にも配慮した製品です。

参考価格:23,500円

ogawa ちびストーブⅢ

ちびストーブという可愛い名前の通り、軽量でコンパクトなキャンパルジャパン(小川キャンパル)のちびストーブⅢ。
パーツは分解して、本体に収納でき、持ち運びがしやすいです。
煙突やロストル(薪の燃焼をサポートします)、火ばさみなど、必需品がセットになっているのも便利です。
ストーブ上での料理も可能。10インチ程度のダッチオーブンが載せられ、燃費も良いのである程度時間をかけての調理も楽しめます。

参考価格:34,800円(税別)

ドッペルギャンガーアウトドア はじめてのまきちゃん

ドッペルギャンガーアウトドアから、初めて登場した薪ストーブ、その名も「はじめてのまきちゃん」。
組み立てもシンプルで、煙突や火かき棒、交換用網など必要なものがセットになったオールインワンタイプです。その名の通り、薪ストーブ初心者にうってつけの製品ですね。
交換用網?と思ったそこのあなた。お目が高い!天板を取り外し、網を置くことで、ローBBQコンロに早変わり!直火調理も可能なのです。もちろん、天板の上に鍋を載せての調理もできます。
これ1台で、暖房から本格キャンプ料理まで味わい尽くすことができますよ!

参考価格:40,000円(税別)

寒さによってはガスストーブでも十分!
手軽で値段もお手頃。扱いやすく、すぐに暖まるガスストーブも人気です。上記のストーブのサブ用に使用したり、複数用意して持って行ったりする方も多いです。

ニチネン ミスターヒート

ガスボンベ1本で3時間以上使用できるガスストーブ。
足元が寒いときや、すぐに暖まりたいときに便利です。
1. 5kgと軽量でコンパクト。ソロキャンプ用やサブ用として重宝します。

参考価格;5,000円(税別)

イワタニ カセットガスストーブ

コンパクトで可愛らしいフォルムのガスストーブ。
小型でありながら、その火力はやさしいぬくもり。ストーブのそばは十分な暖かさです。
キャンプはもちろん、釣りやガレージなど、様々なシーンで活躍します。

参考価格:8,800円(税別)

まとめ

冬キャンプのマストアイテム、ストーブを詳しくご紹介しました。いかがでしたか?
快適な冬キャンプには、ご自身やメンバーの好みや用途、シーンに合ったストーブ選びが重要です。

また「暖かさ」と言っても、人によって感じ方は様々ですし、ストーブの配置や使い方によっても変わります。

心も身体も芯から暖め、調理もできる、便利で愛すべきストーブたち。
使い方を誤ると、大きな危険と隣り合わせだということも心の隅に置きつつ、楽しく安全な冬キャンプを楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプ用品のアフターケア[2/3]:バーナー&ランタン編

おすすめのアウトドアナイフ12選!キャンプ・登山に必須です!

はじめてのキャンプ!これだけやれば心配なし!!~準備編2(装備品)~[2/5]

はじめての方におすすめなキャンプ料理!これであなたもキャンプ料理の達人に!

キャンプ用品のアフターケア[1/3]:テント&寝袋編

アイゼンのおすすめモデル!装着方法や使い方別で厳選!