趣味に囲碁がおすすめ!初心者からのはじめ方も!

囲碁は二人で楽しむことができ、ルールは単純で分かりやすく、誰でもやり易いゲームです。しかし、そのぶん奥が深く、思考が伴う大変優れたゲームでもあります。そのため、脳の活性化に役立つと注目もされており、認知予防やアルツハイマー病の治療法としても考えられています。

ここでは、女性でも男性でも誰でも楽しめる囲碁についてご紹介。趣味で囲碁をはじめたいけど、どんなものなの?また、囲碁をやっている人のきっかけは?など体験談を交えて囲碁の面白さをご紹介いたします。

囲碁の歴史

囲碁の成り立ち

囲碁は今から数千年以上前に中国で発明されたと言われています。やがて紀元前7~6世紀くらいになると、「史記」や「論語」などでも記述されているため、そのころから盛んになったとされています。

当時はゲームというよりも天文現象の占いに使われていたとのことです。ゲームとして確立しては、紀元前後だろうと考えられています。その後唐の時代に今の19路盤の交点に打つようになったと言われています。

日本への伝来

日本へは5世紀ごろ中国から朝鮮半島を経て日本に伝わり、主に貴族や僧侶の間でもてはやされたと言われています。

平安時代にかかれた「枕の草子」や「源氏物語」にも記述があるため、清少納言も紫式部も囲碁を楽しんだことでしょう。その後、鎌倉時代になって武士も好んで囲碁を打つようになり、室町時代にようやく一般の庶民にも楽しむようになったとされています。

また、戦国時代の武士もよく囲碁を打たれていました。これはゲームとはいえ、一種の陣取り合戦のため、当時は戦国の世であちらこちらで戦があったことから、その戦略を考えるためのものだったとも考えられています。

現代の囲碁

現代の囲碁は、昭和の初めに工夫されてゲームとしての体系が整ったものです。今は日本棋院が、そのおおもとをになっています。碁会所や教室ができ、囲碁の普及に貢献しています。

囲碁のルール/定石/楽しみ方

囲碁の基本ルール

囲碁は普通は19と19の線の交点に、黒石と白石を交代で打っていき、どちらの陣地が大きいかを競うゲームです。ちなみに黒石は那智黒で白石は朝鮮ハマグリから作られいます。

石には呼吸点が4か所あり、その呼吸点が皆ふさがれると死ぬことになります。石で囲われた陣地を目といいます。囲碁は最低目が別々の場所に2目なくては死んでしまい、この生き死にが難しいところです。

石一つ一つには、将棋にような働きが決まってはいないため、それが縦や横にくっついていればつながっていると考えます。これを殺すには、この2目を全部囲んですべての呼吸点をなくすことが条件となります。

囲碁の定石

囲碁は普通は19路盤が主で、その交点に石を置いていきます。いったん打った石は動かすことができません。この打ちかたは昔からの方法があって、それをまとめたものが定石と言われるものです。

最初は黒石の人から打っていきます。その時のマナーとしては自分の右上の方から打っていくのをマナーとさています。囲碁の実力を気力といいますが、これには強い弱いがあります。それによって持ち点が決まってくるのです。

また、囲碁も棋力によって等級があり、下は15級で、持ち点50点くらい。上は300点くらいで10段くらいです。やはりある程度は、この定石を覚えることが必要です。

囲碁もプロがあり、これを日本棋院が取りまとめています。いま将棋でも藤井聡太プロが若くして活躍して将棋が盛り上がっています。また、最近は囲碁でも韓国の女子のプロが有名になっています。

囲碁の楽しみ方

囲碁は、互い違いに石を打っていくので、その面白みも性格も出てきます。また、棋力が違う場合には持ち点によってハンデが付けられ、黒が先に何子置いておくか決めます。普通は、19路盤ではある一定のところの交点に印があり、これを星と呼ぶのですが、ここに先に何子か置きます。これである程度は互角に戦えるようになります。盤も9路盤から13路盤もあり、これらは初心者が使っています。この方が勝負が早いためです。

また、今では書籍やPCのソフトがあります。これで勉強するのも一つの方法です。最近では、人工知能も大分強くなってきているため、AIが強くなってきています。プロとAIの対局などもあり盛り上がっています。

また、囲碁をより学ぶ場所として、碁会所があります。碁会所は、実にゆきとどいた暇つぶしスポットでもあり、一日対局して、千円ほど。さらに碁会所をおすすめしたいのは女性の方々。小難しい顔をして対局している男性たちの中に飛び込んでいくのは勇気がいるかもしれないが、多くの碁会所で女性が大歓迎されています。一つの碁会所に女性が一人入会すれば、十人の新入会が見込めるという程に女性の入会は待ち望まれているため、是非交流の場として活用してみてほしいです。

囲碁のはじめ方/楽しみ方(経験談)

<40代男性:教師>
学校で数学を教えています。囲碁は小学生の頃に父親がやっているのを見て興味をもち、父親から教わりました。囲碁のメリットは、筋道立てた考え方が養われることや大局観が養われることだと思います。将棋も囲碁も「相手が次にこう打ったら、自分はその次にこう打とう」などと、筋道立てた考え方が養われると思います。それに加えて囲碁は「右上よりも左下の方を優先すべきだ」などと、大局観も養われると思います。将棋は「相手の王将を先に取った方が勝ち」というゲームであるのに対して、囲碁は「相手より1つ(「1目(いちもく)といいます」)でも多くの陣地(「地(じ)といいます」)を取った方が勝ち」というゲームだからです。途中で自分の石をいくつ取られようが、最終的に1目でも多くの地を確保できればいいのです。ですから、大局観をもって優先順位をつけて、1目を捨てつつ2目以上確保するなどという戦略が採られるのです。「デメリットは時間がかかることやルールが分かりにくいことだ」と言われます。確かに、プロが使うようなマス目の多い碁盤(「19路盤」)なら時間はかかりますが、マス目の少ない13路盤ならそれほど時間はかかりません。ルールも、基本的なルールであれば5歳児でもほんの数回やりながら教わっているうちに理解できます。実際、5歳の息子でも理解できました。強いてデメリットをあげるなら、はまりこんでしまったときに囲碁の世界から抜け出せないことでしょうか。それほど、知的な楽しみに満ち溢れ、奥が深いゲームだと思います。

<20代女性:会社員>
私は昔から囲碁が好きです。単に頭を使うゲームが好きなのですが、中でも囲碁は奥が深くて特別です。職場のOL仲間に広めたら皆ハマってくれました。私のような20代後半の女性から30代、40代まで幅広く遊んでいます。将棋と違って相手を攻撃していくスタイルではないので、それほど親しくない相手や上司とも戦いやすいです。最近はボケ防止として勧められているらしく、ルールを知っている女性が増えたお陰で輪が広がりやすくなりました。しかしデメリットもあり、それほど囲碁を知らない男性にとっては取っつきにくい趣味らしく引かれてしまいます。一度婚活パーティーのプロフィール欄に書いたらその話題を避けられてしまいました。あと、勝負がつくまで結構時間を使います。強くなればなるほど職場のお昼休みにちょっとだけ、という程度で終われません。でもそんなデメリットも気にならなくなるハマるとくらい面白いです。特に大人女性にお勧めです。

<40代男性:公務員>
囲碁を始めたきっかけは、社会人になって最初に配属になった職場の先輩で、何かある度に私を助けてくれたりアドバイスをしてくれた先輩がいて、その人が「絶対に囲碁は覚えておいた方がいい。世界の見え方が変わる」と勧めてくれたからです。最初は何が面白いのか分かりませんでしたが、今ではその先輩に心から感謝しています。実際に囲碁を嗜むようになって感じたのは、将棋やチェスとは異なる性質のゲームだということです。将棋やチェスでは結局は相手の王将やキングを討ち取った方が勝ちという点で、現実世界における戦争と似た性質のゲームです。ところが我々が普通に日常生活を送る上で、そういった戦争に近い状況に遭遇することはほとんどありません。その代わりに選挙で自民党が他の政党よりも多くの票を獲得することで選挙に勝ったり、あるいは誰か周りの人から風邪などをうつされても自分の体内の免疫システムや腸内の善玉菌がやっつけることで病気が治ったり。つまり、世の中は100%白に染まることもなければ逆に100%黒に染まることもない、常に白と黒の比率が変化しつつ動的平衡を保っているのだ、という見方が出来るようになりました。それはスターウォーズやアンパンマンのような創作物を大人目線で鑑賞する際に気付かされたり、仕事において自分の担当するクライアントと自分の所属する組織の利害が対立したりした時に、自分も相手も納得できるような妥協点を見つけて、ちょうどいい落とし所を見つけることで問題解決を図ろうとする姿勢にもつながっていると思います。特に対人折衝の多い仕事においては、自分の言い分を一方的に押し通して相手を打ち負かしたような解決の仕方では、大局的に見るとむしろ失うものの方が大きいという場面が得てして見受けられます。そんな時こそ「戦略的後退」や、「損して得を取る」といった発想が求められますし、囲碁を趣味にすることで自然とそういった思考パターンが身に付くと思います。

<30代男性:自営業>
息子に囲碁を教えたいと思い、妻が妊娠した頃から囲碁を始めて今年で4年目になります。囲碁は黒石と白石を交互に打ち合い、石で囲った陣地の広さを競い合うものです。19×19の361ヶ所で打ち合うのでその組み合わせは何億通りにもなり、相当に頭を使います。子供への知育のためにと思って手をつけたけど、今では自分が一番はまっています。囲碁は頭を使う事と石の取合いや駆け引きなど奥が深く一度のめり込むと抜け出せないくらい楽しいものだけど、1局にかかる時間が長い、考えること、覚えることが多すぎて初心者には敷居が高いのが問題になります。19路(19×19の正規の囲碁の盤面)だといきなり始めるのは難しいので初めは5路や6路の狭い盤面で囲碁の仕組みを覚えつつ、慣れてきたら少しずつ9路、13路と広げていって慣れていくといいと思います。スマートホンのアプリで9路と13路の囲碁のゲームがあるので、慣れて来たらそこで遊べるようになると適度な対局時間で囲碁の楽しさを味わえるようになります。

<男性:定年後>
(きっかけ)私は定年になったときに、なにか趣味を持とうと考えました。あまりお金もかからないで時間がつぶれるもので、面白いものがないかと探しました。
その時に、区役所の組織の事務センターで囲碁の初心者を募集しているとの広報が入っていたのです。
私は、囲碁は会社の先輩たちが昼休みに打っていたのを見ていたため、そこで多少は知っていました。そのため、思い切ってその募集に参加したのです。そこでは、大体30人くらいが集まっていて、そこで日本棋院の横浜の有段者が講師になって初歩から教えてくれました。囲碁のマナーから服装まで。
全体で7日の講習で、大変身になったことを覚えています。やはり、初めて囲碁をやるときはこのような講習で教わることが入りやすいと思います。
(楽しみ方)私はもう10年近く囲碁を打っています。今は町内会の囲碁の会に入って、月2回会員と対局しています。長い人は60年以上打っている人もいます。素人6段くらいの人もいます。
また、普段は私はインターネットの囲碁の会にも入っており、使用しているサイトは月千円です。そこには、全国から年齢が様々な方がやってきます。
私の囲碁の楽しみ方は、人と人と対局することが大変面白いと感じます。あくまで人ですからポカもあります。それがいいのですね。また、インターネットは、自分の隙間時間に自由に対局できるのがいいですね。下手は下手なりに楽しんでいます。

まとめ

囲碁は単純なゲームで誰でも楽しめ、また奥深いゲームでもあるため、認知予防にも大変有効的です。囲碁をきっかけに友達が多くなり、夫婦でやればお互いの信頼関係もよくるのではないでしょうか。

お金も掛からず手軽にはじめられるため、手軽に何か趣味をはじめるられるには、囲碁は大変いいと思います。是非、趣味で囲碁をはじめられてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味にプログラミングがおすすめ!初め方や初心者からの学び方についても!

趣味に料理がおすすめ!節約に健康に言うことなし!異性にもモテる!

趣味に将棋がおすすめ!初め方や初心者からの上達方法についても

趣味がウォーキングとしておすすめ!中高年の方に最適です

趣味に車がおすすめ?初心者からのはじめ方や体験談情報!

趣味に釣りがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても!