趣味に囲碁がおすすめ!初心者からのはじめ方も!

囲碁は二人で楽しむことができ、ルールは単純で分かりやすく、誰でもやり易いゲームです。しかし、そのぶん奥が深く、思考が伴う大変優れたゲームでもあります。そのため、脳の活性化に役立つと注目もされており、認知予防やアルツハイマー病の治療法としても考えられています。

ここでは、女性でも男性でも誰でも楽しめる囲碁についてご紹介。趣味で囲碁をはじめたいけど、どんなものなの?また、囲碁をやっている人のきっかけは?など体験談を交えて囲碁の面白さをご紹介いたします。

囲碁の歴史

囲碁の成り立ち

囲碁は今から数千年以上前に中国で発明されたと言われています。やがて紀元前7~6世紀くらいになると、「史記」や「論語」などでも記述されているため、そのころから盛んになったとされています。

当時はゲームというよりも天文現象の占いに使われていたとのことです。ゲームとして確立しては、紀元前後だろうと考えられています。その後唐の時代に今の19路盤の交点に打つようになったと言われています。

日本への伝来

日本へは5世紀ごろ中国から朝鮮半島を経て日本に伝わり、主に貴族や僧侶の間でもてはやされたと言われています。

平安時代にかかれた「枕の草子」や「源氏物語」にも記述があるため、清少納言も紫式部も囲碁を楽しんだことでしょう。その後、鎌倉時代になって武士も好んで囲碁を打つようになり、室町時代にようやく一般の庶民にも楽しむようになったとされています。

また、戦国時代の武士もよく囲碁を打たれていました。これはゲームとはいえ、一種の陣取り合戦のため、当時は戦国の世であちらこちらで戦があったことから、その戦略を考えるためのものだったとも考えられています。

現代の囲碁

現代の囲碁は、昭和の初めに工夫されてゲームとしての体系が整ったものです。今は日本棋院が、そのおおもとをになっています。碁会所や教室ができ、囲碁の普及に貢献しています。

囲碁のルール/定石/楽しみ方

囲碁の基本ルール

囲碁は普通は19と19の線の交点に、黒石と白石を交代で打っていき、どちらの陣地が大きいかを競うゲームです。ちなみに黒石は那智黒で白石は朝鮮ハマグリから作られいます。

石には呼吸点が4か所あり、その呼吸点が皆ふさがれると死ぬことになります。石で囲われた陣地を目といいます。囲碁は最低目が別々の場所に2目なくては死んでしまい、この生き死にが難しいところです。

石一つ一つには、将棋にような働きが決まってはいないため、それが縦や横にくっついていればつながっていると考えます。これを殺すには、この2目を全部囲んですべての呼吸点をなくすことが条件となります。

囲碁の定石

囲碁は普通は19路盤が主で、その交点に石を置いていきます。いったん打った石は動かすことができません。この打ちかたは昔からの方法があって、それをまとめたものが定石と言われるものです。

最初は黒石の人から打っていきます。その時のマナーとしては自分の右上の方から打っていくのをマナーとさています。囲碁の実力を気力といいますが、これには強い弱いがあります。それによって持ち点が決まってくるのです。

また、囲碁も棋力によって等級があり、下は15級で、持ち点50点くらい。上は300点くらいで10段くらいです。やはりある程度は、この定石を覚えることが必要です。

囲碁もプロがあり、これを日本棋院が取りまとめています。いま将棋でも藤井聡太プロが若くして活躍して将棋が盛り上がっています。また、最近は囲碁でも韓国の女子のプロが有名になっています。

囲碁の楽しみ方

囲碁は、互い違いに石を打っていくので、その面白みも性格も出てきます。また、棋力が違う場合には持ち点によってハンデが付けられ、黒が先に何子置いておくか決めます。普通は、19路盤ではある一定のところの交点に印があり、これを星と呼ぶのですが、ここに先に何子か置きます。これである程度は互角に戦えるようになります。盤も9路盤から13路盤もあり、これらは初心者が使っています。この方が勝負が早いためです。

また、今では書籍やPCのソフトがあります。これで勉強するのも一つの方法です。最近では、人工知能も大分強くなってきているため、AIが強くなってきています。プロとAIの対局などもあり盛り上がっています。

また、囲碁をより学ぶ場所として、碁会所があります。碁会所は、実にゆきとどいた暇つぶしスポットでもあり、一日対局して、千円ほど。さらに碁会所をおすすめしたいのは女性の方々。小難しい顔をして対局している男性たちの中に飛び込んでいくのは勇気がいるかもしれないが、多くの碁会所で女性が大歓迎されています。一つの碁会所に女性が一人入会すれば、十人の新入会が見込めるという程に女性の入会は待ち望まれているため、是非交流の場として活用してみてほしいです。

囲碁のはじめ方/楽しみ方(経験談)

私が囲碁をはじめたきっかけ

私は定年になったときに、なにか趣味を持とうと考えました。あまりお金もかからないで時間がつぶれるもので、面白いものがないかと探しました。
その時に、区役所の組織の事務センターで囲碁の初心者を募集しているとの広報が入っていたのです。

私は、囲碁は会社の先輩たちが昼休みに打っていたのを見ていたため、そこで多少は知っていました。そのため、思い切ってその募集に参加したのです。そこでは、大体30人くらいが集まっていて、そこで日本棋院の横浜の有段者が講師になって初歩から教えてくれました。囲碁のマナーから服装まで。
全体で7日の講習で、大変身になったことを覚えています。やはり、初めて囲碁をやるときはこのような講習で教わることが入りやすいと思います。

私の囲碁の楽しみ方

私はもう10年近く囲碁を打っています。今は町内会の囲碁の会に入って、月2回会員と対局しています。長い人は60年以上打っている人もいます。素人6段くらいの人もいます。
また、普段は私はインターネットの囲碁の会にも入っており、使用しているサイトは月千円です。そこには、全国から年齢が様々な方がやってきます。
私の囲碁の楽しみ方は、人と人と対局することが大変面白いと感じます。あくまで人ですからポカもあります。それがいいのですね。また、インターネットは、自分の隙間時間に自由に対局できるのがいいですね。下手は下手なりに楽しんでいます。

まとめ

囲碁は単純なゲームで誰でも楽しめ、また奥深いゲームでもあるため、認知予防にも大変有効的です。囲碁をきっかけに友達が多くなり、夫婦でやればお互いの信頼関係もよくるのではないでしょうか。

お金も掛からず手軽にはじめられるため、手軽に何か趣味をはじめるられるには、囲碁は大変いいと思います。是非、趣味で囲碁をはじめられてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

趣味が俳句としておすすめな理由!はじめ方についても!

NO IMAGE

今井遥の衣装が可愛い!大学や経歴について!熱愛話も?

NO IMAGE

向井地美音の経歴や活動内容について!推しどころも!

NO IMAGE

石川界人の大学や出身は?彼女や熱愛ある?声優情報まとめ!

NO IMAGE

高良健吾の性格や演技について!眼鏡や髪型などのお洒落情報も!

NO IMAGE

キングダム第3期の放送日について予想!放送されない理由とは?