趣味が紅茶?初め方や体験談について!

あなたは紅茶派?珈琲派?

私は珈琲派でかなり挽き方からこだわるんですが紅茶もかなりおもしろいんですよね。

種類も豊富で非常に楽しみ方もたくさん。

今回は趣味を紅茶にしたい人に向けてとなります。

1章:紅茶について

あなたは紅茶が好きですか。日本人なら普段から緑茶を頂いている方が多いと思います。緑茶も紅茶も元々は同じお茶の葉から作られ、その発酵度合いによって緑茶、紅茶などいろいろなお茶が出来上がります。そして今回おすすめしたいのが紅茶です。紅茶には様々な種類があり、自分のお気に入りの味を見つける楽しさがあります。また、数あるお茶の中でも飲用した際のリラックス効果が高いと言われているため、ストレスの多い日々の生活にぜひ紅茶を取り入れ、紅茶の世界を楽しんでいただきたいと思います。

2章:紅茶のはじめかた

「紅茶を楽しむ」と聞くと、どこか身構えてしまう人もいるかもしれません。思い浮かぶのは紅茶の本場イギリスの優雅なティータイムの様子であり、あるいはレストランで紅茶を頼んだらなんだか立派なポットやティーカップが出てきて緊張してしまったという経験などから、紅茶を楽しむには「お作法」が必要でちょっと敷居が高いという印象をお持ちではないでしょうか。しかし、紅茶を楽しむために特別な作法など必要ありません。紅茶に必要なのは、茶葉とポットと熱湯だけです。お高いティーカップもいりません。マグカップで十分です。本場イギリスでもマグカップで紅茶を楽しむ人は多くいます。まずは自分のお気に入りの茶葉を探すところからはじめてみてください。最近では、紅茶の専門店も増えてきています。店員さんが詳しく教えてくれるので紅茶初心者でも気軽に利用できます。そしてお気に入りの茶葉を見つけたら、丸型のポットも用意してみてください。これで準備完了です。

3章:おいしく淹れるポイント

ティースプーン一杯(一人分)の茶葉をポットに入れたら、熱湯を少し高い位置から勢い良く注ぎ込みます。この”高い位置から”というのがポイントです。高い位置から熱湯を注ぐと茶葉がポットの中で上下に動き回ります。こうすることで茶葉から香りやうまみ成分が溶け出しやすくなると言われています。つまり、茶葉を上下運動させることがおいしい紅茶を淹れるコツです。丸型のポットを選ぶ理由も、茶葉を広い空間でしっかり運動させてあげるためです。熱湯を注ぐ際はくれぐれもやけどにはご注意ください。茶葉を蒸らす時間は3~4分ですが、お好みで調整してみてください。

講師茶が趣味と言う方の体験談

40代女性:主婦

学生の頃、イギリス映画が好きになり、その流れでイギリスが大好きになり、イギリスの文化や食、そして紅茶にも興味をもちました。外出先でお茶をするときにも、意識して紅茶を飲むようにしてみると、茶葉にもいろんな種類があることを知り、飲み比べをしたくなり、そこから紅茶にはまり始めました。いろんな銘柄の紅茶を買い求めたり、お店で試したりしているうちに、茶葉とともにディスプレイされている食器にも興味が広がり、少しずつですが、買い揃えるようになりました。ちょうどその頃、カルチャースクールの広告で、「紅茶教室」の文字が目に止まり、通うことにしました。紅茶の美味しい淹れ方はもちろん、産地やイギリスの歴史、テーブルコーディネイトや紅茶に合うお菓子のレシピなど、紅茶を軸として、たくさんのことを学ぶことが出来ました。なおかつ、「紅茶が好き」という共通項がある人間の集まりなので、自然と仲良くなれ、大人になってからでも、親しくお付き合いできるお友達を得られました。そして、紅茶教室に通い始めてから、自宅に人をお招きするのが気軽に出来るようになったことは、とても大きなメリットです。長年の冷え性も紅茶のおかげで改善したので、ずっと続けていきたいです。

30代女性:主婦

2年前から紅茶にはまり、紅茶やさん巡りや美味しい紅茶をコレクションすることが趣味になりました。紅茶が好きになったきっかけは、次男を妊娠して、それまで大好きだったコーヒーがつわりで全く受けつけなくなり、代わりに紅茶を飲みたくなりました。紅茶を飲むと、つわりもおさまり、ほっと落ちついた気持ちになりました。また、妊娠中でも飲める紅茶もたくさんあり、紅茶はとても奥深いと思い始めました。紅茶のよいところは、本当にたくさんの種類の紅茶があり、気分によって色々な紅茶を飲めることです。料理やお菓子によって紅茶の種類をかえ、毎回新鮮な気持ちで紅茶を楽しむことができます。また、海外に行った場合でも、紅茶の知識があると、外国人の人との会話の幅が広がると思います。以前、ロンドンに行った際に、カフェで紅茶の話題を店員さんとできて、とても楽しい時間を過ごせました。紅茶を好きな方はとても多く、万国共通の趣味なので、趣味の共有もできると思います。

30代女性:事務職

紅茶が趣味になったきっかけは、小さい頃に家で飲む機会が多かったためです。子供の頃は単に紅茶の味というよりは、アフタヌーンティーのセットの雰囲気に憧れて好きでした。母も食器が好きなこともあり、ティーソーサーなどを集めていて、家で紅茶を入れてもそれっぽい雰囲気になるのがお嬢様ごっこでもしているようで楽しかったのです。そこから、紅茶の味に興味を持つようになったのは中学に入ってからでした。たまたま家族で京都旅行へ行った際、新幹線を待つ間デパ地下の紅茶専門店をみていたのですが、そこで「ラプサンスーチョン」という変わった名前の紅茶を見つけ買って帰りました。家に帰りその紅茶を飲んでみてびっくり。その独特の焚き火のような香りのする燻した風味にすっかりハマり、紅茶の味の幅の広さを知りました。その後、いろいろな紅茶をためしたり、テレビで見る紅茶の入れ方などを研究しました。紅茶は高くない紅茶でも、入れ方で十分美味しくなるため、家にあるという人は試してみてほしいです。沸騰したお湯を入れ蒸らすだけと簡単なので、紅茶に合う焼き菓子が好きな方や食器が好きな方はすぐにハマると思います。テレビを見ていてもお茶のシーンなどで飲み方や食器に目が行き、違う視点で楽しめるので普段の生活もちょっと楽しくなっておすすめです。

4章:まとめ

紅茶を楽しむためには、おいしく淹れるコツこそあるものの、正しいお作法やこれといった決まり事はありません。自分がおいしいと感じる淹れ方が正しい淹れ方と言えるかもしれません。同じ茶葉でも蒸らす時間によって、いろいろな味が楽しめます。また、ミルクを入れたり、ジャムを添えてみたり楽しみ方は無限です。まずはぜひ、お気に入りの茶葉を見つけてみてください。紅茶専門店はまだ敷居が高いと感じる方は、スーパーなどで販売されているティーバッグでも十分楽しめます。やはり何より紅茶がおすすめな点は、紅茶がもたらすリラックス効果です。さらに驚くべきことに、紅茶には脳を活性化させる効果もあり、紅茶を囲めば自然と会話も弾むという研究報告もあるというのです。紅茶はみんなでおしゃべりしながら楽しむ際にもぴったりの飲み物です。一人でのんびり、みんなとにぎやかに、ぜひあなたなりのティータイムを楽しんでみてください。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味に映画がおすすめ!お手軽で知識もついて一石二鳥!

趣味に読書がおすすめ!何歳からでも性別年齢関係なく楽しめる

趣味に園芸がおすすめ!はじめての方におすすめな方法や体験談についても

趣味に歴史がおすすめ!マンガから学ぶ歴史のたのしみ方をご紹介!

趣味に釣りがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても!

趣味がウォーキングとしておすすめ!中高年の方に最適です