趣味にピアノがおすすめ!初め方や上達のポイントもまとめました

スポンサードリンク

ピアノが弾ける人ってかっこいいですよね!

なんで子供の頃に習わなかったのか?なんて思うこの頃。

年齢なんか関係ありません!!ピアノレッスンを受ければコンサートだって出られます。

今回は趣味としてピアノを楽しむための初め方や上達方法をまとめました。

ピアノについて
美しく繊細なクラシックに、軽やかな気分を演出してくれるイージーリスニング‥。
時代を経ても色褪せない魅力を持つ音楽の主役と言えば、やっぱりピアノです。
88の鍵盤から成り立つピアノは、その音域の広さが特徴的。
なんとクラシックオーケストラの全音域をも上回ります。
また幼稚園や小学校など幼少期の教育現場でも使われるため、その音色に触れる機会も多く、私たちにとって最も親しみを感じられる楽器と言えるのではないでしょうか。
そんなピアノ、CDやコンサートでお気に入りの楽曲を楽しむのも素敵ですが、せっかくなら自分で弾くことができたら、もっと世界が広がると思いませんか?

ピアノのはじめ方について
ピアノと言えば「子供の習い事の定番」というイメージが付き物ですが、近年は大人になってからはじめるという方も多く、趣味の一つとして人気を集めています。
よし、早速ピアノをはじめてみよう!と思ったなら、まずはピアノの購入を検討してみましょう。
プロが使う本格的なグランドピアノは、高価で場所も取るため、初心者さんには不向きです。
一般的な家庭用のピアノなら、アップライトピアノか電子ピアノがおすすめ。
どちらもコンパクトに設計されており、お部屋が狭い場合も設置しやすいのが魅力です。
ヘッドホン対応で夜間の練習もできるタイプなどもありますから、自分の生活スタイルに合ったものを厳選してみましょう。
さて、次にどのような方法でピアノを習得していくかについて考えてみましょう。
主な方法は、教室に通うか、自分で練習するかという2パターンになると思います。
初心者さんにおすすめなのは、やはり教室に通っていい先生に教えてもらうこと。ピアノは基礎が大切で、指使いの一つで曲の弾きやすさも断然変わってきますから、プロに教わるのが上達への圧倒的な近道です。
最近では大手の音楽教室をはじめ、様々なスクールで大人向けのコースが用意されていますから、体験レッスンを受けて先生との相性やスクールの雰囲気を確かめてみてはいかがでしょうか。
一方で、多少楽譜が読めたり音楽の基礎がある、または教室に通うまでは行かないけれど、気軽にピアノに触れて楽しんでみたい、という方なら、ちょっと根気は要りますがYOUTUBEでピアノ練習の動画を見たり、本を見ながらゆっくり習得していく方法もあります。

上達のポイントについて
ピアノに限ったことではありませんが、どんな楽器も習得するには基本練習が大切になります。
好きな曲にいきなりトライしたい気持ちにもなりますが、最初はバイエルなどの教則本を1冊じっくりとマスターして、基礎を作っていくのがおすすめです。
その上で「どうしても挑戦したい憧れの一曲」を持っておくことで、練習のモチベーションもアップ。今の段階から努力すれば届く、という位のレベルの曲を選んで着実にマスターしていくことで、「一曲弾けた!」という達成感から次のステップへの上達も早くなりますよ。
また練習の意欲を失いそうなときは、全く違うジャンルのピアノ曲にチャレンジしたりと気分転換を。「好き」「弾きたい」の気持ちをうまく引き出しながら、あくまでも「楽しく」トライすることを忘れずに。

趣味がピアノの方の体験談

<30代女性:会社員
子供の頃からピアノを習っていて音大に進み、ピアノを専攻していました。
音楽とは関係ない仕事に就職しましたが、ピアノを弾くことが好きですしせっかくここまで勉強したのに辞めてしまうのは勿体無いと思い趣味として音楽教室に通い始めました。
ピアノを弾く1番のメリットはストレス発散が出来るということだと思います。
楽譜と運指に集中するので余計なことを考えなくて済みますし、音楽教室では自分のレベルに合った弾きたい曲を弾かせてもらえるので「今日はここまで弾けるようになった」という喜びがその日あった嫌なことや仕事のストレスを吹き飛ばしてくれます。
また楽譜を見ながら右手と左手を別々に動かすので指と頭の運動が同時に行えますからボケ防止にもつながると思います。
スポーツと違って年齢を重ねても続けられるので、一生の趣味として楽しむことが出来ます。
私が通っている教室にも大人になってから始められた社会人の方や定年退職された方などもいらっしゃいますし、ちゃんと練習すれば発表会で演奏出来るくらいまで上達します。
やればやるほど腕が上がって楽しくなるので、長く続けやすい趣味だと思います。

30代女性:フリーランス
ピアノ自体を始めたのは幼稚園の頃で、15年ほど続けていましたが、環境の変化により忙しくなり、ずっと離れている時期がありました。
でも、やっぱりピアノの音色を聞くのが大好きで、コンサートなどで聞いているうちにもう一度やりたいなという思いが強くなり、大人になって改めて趣味として弾くようになりました。
ピアノのいい所は、なんと言っても好きな曲に挑戦出来て、着実に上達していく手ごたえを感じることができること。
大人になると日々の決まったサイクルを繰り返すことが多くなり、生活に刺激が少なくなりがちですが、ピアノは自分のレベルに合わせてステップアップできるので、日々新鮮な気持ちを取り入れることができるんです。
また、左右の手で違う動きを必要とするピアノ演奏は、脳の活性化にも効果抜群。頭の回転も良くなるので、ボケ予防にもお勧めできると思います。
ストレス発散ならアップテンポの曲、癒しにゆったりしたワルツなど、気分に合わせた演奏で優雅なピアノ生活を楽しむのも素敵だと思います!

20代女性:医療職
ピアノを始めたきっかけは、5歳のときに母にピアノ教室へ連れていかれた事からです。
母は、幼い頃にエレクトーンを習っていましたが、ピアノは弾けなかったためピアノに憧れていたそうです。
それで、自分の子供にはピアノを!と習わせたそうです。
ピアノを習っていたおかげで、私は小中高校で合唱の伴奏をすることが出来ました。
また毎年、発表会やコンクールで人前で演奏することで、度胸や緊張感に耐える練習が出来たと思います。
これは、受験や就職活動での緊張感にも活かされたと思います。
ピアノを始めるにあたって、私は年齢は関係ないと思います。
弾いてみたいなと思っているだけでなく、ぜひ実行に移して欲しいです。
私が通っている教室では50代60代の方もいらっしゃっいます。
5歳からピアノをずっとやってきましたが、私は一年前からエレクトーンを始めて今、4月の発表会に向けてエレクトーンで曲を練習しているところです。
弾けるようになったら、嬉しいです。
最近のピアノは、クラシックだけでなく自分の好きなアーティストの曲も弾ける時代です。
ぜひ、好きな曲を弾けるようになって喜びを感じて欲しいです。

趣味がピアノのまとめ

いかがでしたでしょうか。
ピアノは練習量に比例して確実に上手になる喜びを得られるため、日々の生活習慣がワンパターンになりがちな大人の方にこそ、新鮮な趣味になると思います。
ご紹介したポイントを参考に、豊かで彩り溢れるピアノライフを楽しんでみてくださいね!

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味にルアーフィッシングがおすすめ!初め方や上達方法なども!

趣味を英語として始める方法!上達方法と体験談も!

趣味に陶芸がおすすめ!無心で土をさわって、自分だけのオリジナル作品をつくってみて...

趣味にツーリングがおすすめな理由!初心者の初め方や体験談も!

趣味にコーヒーがおすすめ!魅力と自宅で煎れる方法について!

趣味に日本酒がおすすめ!はじめ方や楽しみ方をまとめました!