趣味にカメラがおすすめ!はじめ方や上達ポイントなども!

これから、カメラを趣味にして行きたいと考えているのですが方が多くいると思います。

カメラがあれば、一瞬のシーンを切り抜き、残しておく事ができます。
そこで、カメラの魅力と、これからカメラを始めるために、何をしていくと良いのか。

上達する為のポイントを紹介してきます。カメラを始めようと考えている方、是非参考にして下さい。

カメラについて

一言で「カメラ」と言うと、みなさんはどのような事を思い浮かべますか?カメラは、ある場面を、映像として残すことが出来る道具です。
こんな事を言うと、知っている方と言われそうですが、映像を残すという行為は、目的が変ると、その残し方も大きく変わってきます。
自分の記憶の為に映像を残しますか?
誰かに、その場面を見せたり伝えたくて残しますか?何年後か、思い出を語るために残していますか?
カメラは、撮影する被写体を、そのままの映像で残す道具であり、撮影者の気持ちも残せる装置でもあります。

カメラの始め方はどうすればいい?

これからカメラを始めようと考えている方は、何から揃えれば良いのか、何が必要なのかと考えるかもしれません。でも、そんなに難しく考えること必要はありません。
一眼レフじゃなきゃいけないわけでも無ければ、高価なカメラで無くては、被写体を残せないこともありません。必要なものは、カメラです。もちろん一眼レフやミラーレスでも良いですし、コンデジでも構いません。
しかし、私がおすすめするのは、デジタルカメラであること。フィルムではなく、デジタルを強くお勧めします。
その理由は、デジタルカメラであれば、撮影した映像を、その場で直ぐに確認出来ますし、必要無ければ削除することもできます。他の記憶媒体に接続すれば、枚数を気にする事なくドンドン撮影することが出来ますし、ランニングコストもあまりかかりません。
これらの理由から、デジタルカメラをお勧めします。

カメラ上達のポイントは?

どうすれば上達するのか。まず、第一にたくさん撮る事です。
いろいろなシーンで、多く撮影する事が大切です。
このほかに、自分が何を伝えたいのか、残したいのかを意識しながら、撮影することを心掛けてください。
最後に、撮影した写真を見てください。
ただ、ひたすら撮影ばかりして、どんな写真が撮れたのか確認しなくては、伝えたい事が伝わるかの確認ができません。
撮影した写真を振り返ることで、「次回はこう撮ろう」と考えるよう事ができます。その考えが、次回の構図に反映されてきます。
これらの繰り返しで、カメラの撮影は、上達していくはずです。

趣味がカメラの経験者

30代男性:営業

学生時代に友達がフィルムの一眼レフカメラを使っているのを見てかっこいいと思い、自分もレンジファインダーのフィルムカメラを使い始めました。
その後デジカメに移行して行き、ミラーレスカメラが出始めた頃からは完全にデジカメでの撮影が趣味になりました。レンズ交換ができるので、ここぞというところでは単焦点レンズに交換してじっくり撮ったり、中古屋でジャンク扱いで売られているオールドレンズを買ってマウントアダプターで楽しんでいます。
カメラを趣味にするようになって一番良いなと思っていることは一人での旅行が楽しめるようになったことです。
もしカメラ無しで一人旅をしたら、旅先での感動を他の人と共有することが出来ず、私ならわざわざ一人旅をすることがなかったと思います。
しかし、カメラがあればまず旅行中は一人で気の向くままに撮影に専念できます。
なにか面白いものが無いかなと思って歩くので、見落としがちな素朴な景色、道端の野良猫などに感動できます。
そして撮った写真を後でSNSにアップしたり友達に見せることで、旅先での感動を共有できるし、自分ひとりで見ても振り返れます。
カメラがあることで、撮影自体を目的に外出や旅行をしようと思えるようになったので、カメラという趣味を持ってよかったなと思っています。
はじめての方もデジカメなら特に技術も必要ないし、撮影が目的でフットワークが軽くなるので是非気軽に始めてみることをオススメします。

30代男性:製造業

カメラを趣味として始めたきっかけは、自宅を建て替えて新築する時に、それまで育ってきた家を、写真の中に収めておきたいという単純な理由から始まりました。
実際の家は潰してしまいますが、写真の中で思い出として記録しておくために、また、新しい家が創られていく様子を残していきたくて、カメラを手にしたのがきっかけです。
始めは、単純に記録でしたが、写真を撮ることで、その時々の様子が後に残せる魅力を感じ、家族や特に子供を写真に撮ることが多くなっていきました。
これから、カメラを趣味にしようと考えている方は、「こんな被写体が撮りたいな」というイメージを持っている方もいれば、「被写体は何でも良いからカメラを手にしたい」と考えている方もいると思います。
どちらの場合でも、大丈夫だと思います。
写真を撮りためていくうちに、撮影したい被写体は次々と増えていき、その時々で変わっていきます。
職業としてでは無く、趣味としてカメラを手にするのであれば、自分の撮りたいものをたくさん撮っていくほうが楽しいのではないでしょうか?
多くのシーンの感動を残すことが出来る方法の一つに、カメラはとても手軽で、魅力的なパートナーです。

30代女性:主婦

カメラにハマったきっかけは高校での美術の授業でした。
何枚か写真を撮って提出するのですが、まだカメラについて右も左も分かっていませんでした。
その時、クラスメイトだった友達がカメラに詳しくて、私は普通のデジタルカメラでしたが友達は一眼レフを持っていてカッコイイなと思っていました。
その友達にアドバイスを貰いながら2人で色々な場所に出かけて写真を撮って、すっかりカメラの魅力にハマってしまいました。
その後は私も良いカメラが欲しくなってアルバイトでお金を貯めて一眼レフのカメラを購入しました。
写真は思い出にもなるし、人物の良い表情を写したりすると気持ちが温かくなります。
風景写真を撮ることも好きですが、私は人物の笑ってる写真を撮るのが好きです。
家族で旅行に行く時は私がカメラ係りになって、ついたくさん写真を撮ってしまいます。
そして現像してアルバムに残していくのが楽しみで仕方ありません。

20代男性:会社員

私がカメラを趣味として始めたのは社会人になってからですが、そのルーツは高校時代に卒業アルバムの制作委員になったことにあります。
皆と一緒に想い出が作れればと思って務めたのですが、写真を選んでいるとイベントのことがありありと思い出され、写真に魅力を感じるようになりました。
社会人になってお金に余裕が出来たので一眼レフカメラを購入し、自分でも想い出をカタチに残せるようにしようと思いました。
それからは旅先やイベントの際にはカメラを持って行って写真を撮るようにしています。
写真の魅力はいわゆるインスタ映えのような絵的な綺麗さもさることながら、その時々の想いを記録できるところにあると思います。
同じ被写体でも撮る人が違えば写し方は全く変わります。
その違いが想いの表れなのです。
一説によるとただイベントに参加するよりも、写真を撮りながら参加した方がその人の記憶に鮮明に残るのだそうです。
瞬間瞬間を切り取る意識や集中力の高まりがそうさせているのかもしれません。

30代女性:会社員

今までもカメラにハマりたいと思いつつ、何度も挫折しました。
一眼レフを首からさげてみたかったんですね。しかし写真も下手でカメラを買うことはありませんでした。
ところが最近使い捨てカメラが若い人の間でブームになっていると聞き、旅行の歳に買ってみたのですが、これが楽しくてハマりました。
基本的には写真はスマホで撮りますが、旅行なので景色のいいところで人を撮るときなどに使い捨てカメラで撮ったのですが、仕上がりを見てびっくり。
スマホでは撮れないようなちょっとぼやけた味わいのある写真が出来上がりました。
しかも最近は、その使い捨てカメラの写真もデータでもらえるので、パソコンに取り込めば友人に送ったり加工したりもできて便利になっていました。
まだ本格的なカメラを買うほどには至りませんが、使い捨てカメラなら安価に楽しめるので、これからカメラに挑戦したいという方におすすめです。

20代女性:フリーター

私がカメラをはじめたきっかけは友人の結婚式でした。
友人の花嫁姿を綺麗に撮ってあげたくて安めの一眼レフを購入。
特に勉強もせずオートで撮っていました。結婚式が終わるとカメラは放置。
一年ほど埃をかぶっていました。
せっかく買ったんだし使ってあげないと…と思い一からカメラを勉強して外に持ち出し色んな風景を撮影するようになりました。これからカメラを始めたい方。
そもそも買ったもののカメラの機能を使いきれてないと思う方も多いと思います。
実際、写真はスマホでも素晴らしい写真を撮られてる方は沢山います。
カメラにはF値、シャッタースピード、ISOなど基本的に覚えておいた方がいい事もありますが、これらはあくまでも頭の片隅に置いておいてまずは撮りたいものを見つけ足を運び色んな視点を持つ事だと思います。
同じ被写体、同じ条件で撮っても大きく異なる写真があります。
ここから撮る発想はなかった!など驚く事も多いです。
色々写真を撮ってみて後から見直した時にここはぼかしたい、もう少し動きが欲しいなど自分が撮りたい写真の理想が見えてきて更に楽しめると思います。

まとめ

カメラを始めようと思っている方、いかがでしょうか?
カメラは、確かに道具です。
しかし、使う人の気持を、写真という映像に残すことができる特別な道具なのです。
そして、そのカメラは、ランニングコストが少なく、たくさん撮影する事が出来るデジタルカメラがおすすめです。
沢山の場面を撮影して、伝えたいことが伝わるのかを考えながら、繰り返し撮影してみてください。きっと、カメラの撮影も上達して、自分の思っている一瞬の場面を残すことが出来るはずです。
是非、カメラを手にして、自分の想いを残したり、伝えたりしてみてはいかがでしょう。
きっと今まで見えなかったシーンが見えてくるはずです。
ワクワクしながら、ファインダーをのぞき込む事も楽しいですよ。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味にDIY(日曜大工)がおすすめ!はじめ方や上達ポイントも!

趣味どきの放送内容や本について!過去の動画情報なども!

趣味が旅(旅行)がおすすめ!魅力を体験談から語る!

趣味に裁縫がおすすめ?裁縫の初め方と体験談!

趣味が俳句としておすすめな理由!はじめ方についても!

趣味に料理がおすすめ!節約に健康に言うことなし!異性にもモテる!