趣味にルアーフィッシングがおすすめ!初め方や上達方法なども!

スポンサードリンク

管理人も大好きルアーフィッシングです。

アウトドアな趣味で人気があり芸能人も楽しむのがルアーフィッシングです。

今回は趣味にルアーフィッシングがおすすな理由をまとめました。

ルアーフィッシングとは

ルアーフィッシングは虫餌等を使わず疑似餌であるルアーを使い釣りたい魚の種類や魚の大きさによって数あるルアーを手軽に付け替えるだけのシンプルな釣りです。
エサ釣りのようなむずかしい仕掛けを習得して作成する必要はありません。
とりあえず、ルアーを投げて引っ張れば、釣りになります。ルアーフィッシングは他の釣りと異なり、ビギナーでも入りやすいと思います。
自分がチョイスしたルアーを本物の生き物の様に竿とリールで動かし、魚を誘い出してワクワクしながらリールを巻き上げ魚が掛かるとたまらない興奮を感じます。

ルアーフィッシングの始め方

ルアーフィッシングには場所が、海、川、池、湖、で釣る魚の種類が変わる事で道具も変わります。
中には同じ道具でも釣れる場合もありますが、まず、釣りたい魚=場所を決める。ジャンルを決めましょう。
ジャンルが決まればそのジャンルに見合ったタックル道具、釣竿、リール、ルアーを揃えて行きましょう。
最初は、竿とリールラインのセットみたいな安い道具で良いと思います。
そしてルアーですが、色々と目移りする程沢山あります。
釣りたい魚が基本、何を捕食しているのかを調べてその餌に近いルアーを揃えると良いでしょう。
究極な方ですとルアーを自作されたりします。
後、是非お願いしたいのはお近くの釣具屋さんにアドバイスをして貰うのも良いですね。
釣具屋さんはお客様からの情報でルアーを仕入れたりしていますので良き情報をお持ちですよ。

ルアーフィッシングがうまくなるコツ

まず、釣りたい魚の習性を知って下さい。
魚が食べている餌や好む場所(ポイント)など。
それによってルアーが変わります。
そうする事でキャストする場所も考えなくてはなりません。
そして人が余り投げていない場所を探して釣りを進めて下さい。
魚は音等に敏感ですので何度も同じポイントにキャストすると魚に逃げられてしまいます。
ルアーが餌に見えなくなってしまうと言う事です。
釣果を求めるならなるべく朝の早い時間滞をお勧めします。

趣味ルアーフィッシングの経験者談

30代男性

私がルアーフィッシングを始めたのは小学生の頃です。ルアーフィッシングが大ブームとなっていたころで、テレビや漫画でもブラックバス釣りを題材にした物がありました。
ルアーフィッシングはお金が掛かりそうなイメージがありますが、餌を使う釣と違い手入れをしっかりいて失わなければお金があまりかからないのも子供の頃に続けられた理由です。
釣りと聞くと年配の方がウキを浮かべてじっとしているイメージを持つ方もいるかもしれませんが、ルアーフィッシングはスポーツフィッシングとも言われ若い方が中心に行っている、とてもスマートな趣味になると思います。
餌を使わないのでミミズやゴカイの様な生き物を針につけるのが苦手という方にもおすすめです。
ルアーフィッシングのやり方は非常にシンプルで、疑似餌であるルアーを投げ、そして巻く。これの繰り返しでも十分魚を釣ることができます。
慣れてくれば手元で動きに変化をつけたりすることで更に釣果が望めます。

40代男性

私がルアーフィッシングを始めたきっかけは、小学生の時に 図書館でブラックバスが大きな口を開けて水鳥を食べようとする一枚の写真です。
「こんな魚がいるなんてと」衝撃を受けてそこからブラックバスを色々調べる様になり、当時、従兄のお兄ちゃんが読んでいた漫画の釣りキチ三平を借りまくってイメージを膨らませたものです。
中学生になると自作のルアーを 作ったりとどんどんはまって高校生になると原付バイクに乗り知らない池に行ったり、車を持つ年頃になると琵琶湖には日本一大きなブラックバスがいると知り何回も通ってました。
小学生から大人になった現在まであらゆる釣りをして来ましたがルアーフィッシング、特にバス釣りは準備が他の釣りと違ってシンプルなので準備も難しくない所がお気に入りです。
しかし 餌釣りと違ってルアーフィッシングは釣れない日も結構あります。
魚と人間のルアーを使った駆け引きなので現在ではスポーツフィッシングと呼ばれていますね。

30代男性:自営業

私は幼少期の頃から、父の影響で釣りを嗜んでおり、多い時で、週3日くらいは行きました。
以前は、ルアーフィッシングではなくて、エサ釣り一本で行なっていたのですが、家庭の事情で資金繰りが悪化しまして、何度でも再利用できる、ルアーフィッシングに乗り換えました。
ルアーフィッシングはその名の通り、エサではなく、エサに似せたルアーを使うのですが、これがまた楽しいのですよ。釣る楽しさもさることながら、自分オリジナルのルアーを作るのが楽しいのです。
カエルのルアーを少し改造して、生きてるように見せて、より魚が食い付きやすいようにするなど。
魚によって、食い付きやすいルアーは違うので、色々試してみてください。
そして、多様なオリジナルルアーを作成して、魚ごとに分けて使えるようにしておけば、有りとあらゆる魚に対応できます。もちろんエサ代は必要ありませんので、お財布にも優しいです。
ルアーフィッシングは無限の可能性を秘めているので、挑戦してみてください。

趣味ルアーフィッシングのまとめ

ルアーフィッシングはキャストしてただ待っているだけでは釣れません。
自分の持っている、テクニック、自分の勘、ポイント選び、時間帯等を屈指して魚と人の知恵比べ、時には我慢比べで、試行錯誤する。これが面白くルアーフィッシングの魅力があると思います。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味がウォーキングとしておすすめ!中高年の方に最適です

趣味に囲碁がおすすめ!初心者からのはじめ方も!

趣味に料理がおすすめ!節約に健康に言うことなし!異性にもモテる!

趣味に手芸 (羊毛フェルト)がおすすめ!始め方や上達方法も!

趣味に水泳がおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても

趣味に演劇鑑賞がおすすめ!はじめ方や楽しむポイントに付いても!