趣味に料理がおすすめ!節約に健康に言うことなし!異性にもモテる!

スポンサードリンク

料理上手な彼女がほしい管理人です。

普段はレンジでチンや納豆をこねこねする料理ばかりしています。

食材を買っても1人だとな・・・とおもいつつも健康を気にするならやるしかありません。

今回は、料理が趣味の内容となります。せっかくだから趣味がない人は料理を初めませんか?

料理とは

基本の調理方法で食材に手を加えて食べ物を作ることです。
基本の調理法は、切る、ゆでる、煮る、揚げる、焼く、蒸すなどです。
切るは、食材を千切り、乱切り、いちょう切り、短冊切りなどに切ります。
正しく切るにはきちんと包丁の持ち方を覚えることが大事です。
ゆでるは下準備をするときに食材をお湯でゆでることです。
煮るは、食材に水と調味料を入れて煮込むことです。
きちんと調味料を計量して作ると美味しい料理が作れます。
揚げるは、油を使って食材を揚げます。
食材を揚げる温度には低温、中温、高温の3つあります。
低温はゆっくり時間をかけて揚げたいときに、中温はしっかりと中まで火を通したいときに、高温はキツネ色に色をつけたいときに使うと便利です。
焼くは、フライパンや魚焼きのグリル、オーブン、トースターを使って食材を焼きます。
フライパンや魚焼きのグリルの場合は、火加減を見ながら食材を焼くことによって仕上がりの良し悪しが変わります。
オーブンやトースターは温度や時間を気にしながら使います。
蒸すは、蒸し器を使って食材を蒸します。
料理は難しいと思われがちですが、基本の調理方法をしっかり覚えることできちんと作ることができます。

料理のはじめ方について

料理のカテゴリは、和食、洋食、中華、イタリアン、フレンチなどになります。
最初に料理をはじめるときは、基本の調理方法をしっかり覚えてから作ります。
料理で一番作りやすいのは、和食です。
和食は日本人が食べ慣れているものなので、調味料も簡単で覚えやすいです。
はじめて作るなら、味噌汁、定番の肉じゃが、鶏のてりやきがおすすめです。
和食は昆布やかつおぶし、煮干しでだし汁を作りますが、今は手軽にだしの素があるので
それを使ってもかまいません。
手間をかけるとそれだけ美味しいものができるのは確かですが、今はそういう時間がないという方が
多いと思うので簡単にできる物に頼るのも料理のうちだと思います。
味噌汁は、お湯にだしの素を入れて具材を入れ味噌を入れる。
肉じゃがは、牛肉または豚肉、じゃがいも、タマネギ、にんじんを切って油で炒め、水、醤油、みりん、砂糖を入れて煮込む。
鶏のてりやきは、あらかじめ鶏に醤油、みりん、砂糖、すりおろした生姜を入れて少し漬けておき、フライパンに油をひいて焼く。
最初は難しいと思うかもしれませんが、何度か繰り返しているうちにおいしい料理が作れるようになります。
他の料理にも挑戦をして、少しずつ料理の幅を広げていければ良いと思います。

料理をより楽しむためのポイントについて

自分で料理を考えるのは結構大変です。自分の食べたい物を選んでしまうと野菜が少なかったり、炭水化物ばかりになったりと
バランスが悪くなってしまいます。
今は多くの料理研究家さんが本を出版されています。テレビでも初心者向けの料理の作り方が放送されています。
インターネットやアプリでも多くのレシピが掲載されているので見ながら作ってみるのも面白いです。
慣れてくれば、色々な料理を自分で考えて作れるようになります。
調味料も色々な物が販売されているので試しながら作ってみても楽しいです。

料理が趣味の方の体験談

30代女性:医療事務

料理を趣味としたきっかけは、高校生の時に食物研究部に入って料理に目覚め、栄養士の母に料理を教えてもらうようになってから、朝のお弁当作りや夕ご飯作りをするようになり、食事を誰かに食べて貰うことの喜びを実感できたからです。
ただ出されたものを食べるだけだと、その大変さやありがたみや食材の大切さがわからなかったので、料理を通してそれを知れたことは良かったと思います。
料理をすることで食費を節約できるし、家でも外でも作った人に感謝できるようになるし、作っているうちに自分で大まかなカロリー計算ができるようになるので、健康的でダイエット効果も期待できます。
節約をするとなると削るところは食費となってくるので、ありあわせの食材で作れるか作れないかは大切なことになってくるし、料理好きな女性を好む男性は多いので、ギャル曽根さんのように好きな男性の胃袋をガッチリ掴むためにも、女性は料理ができたほうが人生で特をすると思います。

30代女性:主婦

高校卒業後から一人暮らしを始めたのですが、その頃から料理をすることになり、料理にはまっていきました。
料理を始めたきっかけは、よく通っていた食堂の煮物の小鉢がシンプルながらすごくおいしくて、「これ自分でも再現できたら、毎日このおいしい煮物がたべられるのになぁ」と思い、再現を試みたことでした。
その小鉢と全く同じ味にはもちろんなりませんでしたが、似たようなものが外食するよりも安く食べられるので、外食するのがバカらしくなり、以来レストランや居酒屋などで気に入ったメニューがあれば自宅で再現して楽しんでいます。
料理をすることは節約になるのは当然ですが、外食だとどうしても野菜が不足しがちですが、自宅でなら野菜をたっぷり使うこともできます。
酒とかみりんとかよく分からなくても、めんつゆなどの調味料を使えば簡単に本格的な味になりますし、蒸し器や圧力鍋などの道具なんかなくても電子レンジで代用することもできます。
料理が苦手な人やこれから始めようとしている人には、取っつきにくいからと嫌煙せず、簡単なところから是非チャレンジしてほしいです。

30代女性:事務職

現在、同い年の恋人と同棲をしています。
必要に迫られて料理をするようになりましたが、今では楽しくやっています。
というのも、二人とも肥満体(私はBMI31、彼氏に至っては40超え)で、色々なレストランで食べるのが好きでしたが、私が糖尿、彼氏が高血圧で健康診断で引っ掛かりました。
低糖質かつ低塩分の食事は中々外では食べられないので、自分で作るうちに楽しくなりました。
お医者さんからも問題ないレベルで続けられている、痩せれば自然と数値はよくなっていくと励まされたのも、モチベーションが上がりました。
お店では旬の食材が最も安く手に入ります。
通いなれていくうちに、今は何が美味しいのかすぐにわかるようになります。
できた料理を食べてくれる人が「美味しい!」と言って、笑顔で食べてくれる様子は何にも変えがたいものがあります。健康的で美味しい料理を嫌う人はいませんから、家族や恋人からも感謝してもらえます。

趣味が料理のまとめ

料理は基本をしっかり覚えると料理のレパートリーが増えていきます。
アレンジをしたり創作料理をしたりして美味しい料理が作れるようになれば、家族も喜びます。
お友達やお知り合いを呼んでパーティーもできるようになるので楽しいです。
料理ができるようになれば生活が充実します。
色々な料理に挑戦してもらいたいです。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味に将棋がおすすめ!初め方や初心者からの上達方法についても

趣味に卓球がおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても!

趣味に熱帯魚がおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても!

趣味にギターがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても!

趣味に手芸 (羊毛フェルト)がおすすめ!始め方や上達方法も!

趣味が紅茶?初め方や体験談について!