趣味に水泳がおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても

スポンサードリンク

今回は趣味として始める水泳についてです。

水泳は足腰が弱くても動けるスポーツです。

何歳からでも初められる最も健康的なスポーツです。

はじめ方や上達のポイントについてもまとめました。

水泳について

数あるスポーツの中で、水泳は子どものころからできるスポーツとして人気があります。
スイミングスクールも全国に数多くあり、生後半年ほどから親子で始められるベビースイミングもあるほどです。
趣味としてずっと続けている人や、大人になってから健康を考え始める人も多くいるほどです。
そんな水泳の魅力は一体どんなものなのでしょう。
子どもから大人まで誰でも始めることができる水泳についてご紹介していきます。

水泳のはじめ方について

水泳をはじめようと思っている方は多くいるはずです。
しかし、いざはじめてみようと思っていても、まず何からするべきなのかわからないという人もいると思います。
まったく水泳は初めての人はまず、お気に入りの水着を購入するところからはじめてみましょう。
基本的に、水泳は水着、キャップ、ゴーグルが必要となります。
お気に入りの水着を購入することで、早く泳いでみたいといった気持ちになりますね。
一通り必要なものがそろったところで、近所にプールがある市区町村の施設を検索してみましょう。
市区町村の施設を利用するメリットとしては、スイミングスクールに通うよりも金額が安いということです。
ウォーキングコースやフリースペースといったようにコースがわかれている場合がほとんどかと思いますが、泳げなくてまったく初めての人でしたら、水に親しむためのウォーキングコースからはじめてみるのもいいでしょう。
水の中を歩くというだけでも十分いい運動になります。
プールには自由に使えるビート版などが置いてありますので、バタ足くらいならできるといった人は、ビート版を使って泳ぐことができます。
その施設にもよりますが、インストラクターが泳ぎ方を教えてくれる時間帯があったりもします。
レベルごとに内容も様々ですし、無料で教えてくれるのもあれば、月謝を払って習うものもあったりしますので、一度問い合わせてみるのもいいでしょう。
泳ぎをマスターしたいけど、一人で行っても泳ぎ方がわからないといった人には、インストラクターから教わる時間帯に行くと、同じくらいのレベルの人たちと一緒に教わることができます。
水泳の仲間もできるので、励ましあいながら上達していけるのではないでしょうか。
また、本格的に水泳を習いたいといった人には、スイミングスクールに通うのもいいでしょう。
月会費がかかってきますが、レベルごとから、泳ぎをマスターしたい泳ぎの習得コースといったものまであります。
スイミングスクールは子どもだけでなく大人の人向けのコースがあるだけでなく、お風呂やジャグジーが備わっているところもあります。

上達のポイントについて

水泳を上達させたいという人は、まず自分のレベルを知るところからはじめましょう。
距離にしてどのくらい泳げるのか、どんな泳ぎができるのかを知っておくと、その次に何をはじめたらよいかがわかります。
目標はあくまで少しずつ設定していきましょう。
一番大事なのは、体を浮かすことです。
力が入ってしまってはなかなか思うように進みません。
「浮く」というところから意識し、初めは5メートル、次に10メートルといったように少しずつ距離を伸ばしていくことで、無理なく上達していくことができます。
25メートル以上泳ぐことを目標としている人は、まずターンの仕方を覚えるのがいいでしょう。
手のかきや呼吸の仕方など、細かいところが大事です。
体力がついていけば距離はいくらでも泳げるようになるのですから、無駄なく泳げるようなコツを身に着けておくと楽に泳げるはずです。

水泳が趣味の経験談

30代女性
水泳が好きで、近くの区営プールへ行って泳いでいます。
もともと小さい頃にスイミングスクールに通っていて、泳ぐことが好きでした。
しかし、学業を理由にスイミングスクールも辞めてしまって、しばらく泳ぐことから離れていました。
高校卒業したあたりから、少しずつ太ってしまってどうにか体重を落としたいと思い、ランニングを始めました。
ですが長続きしなかったので、小さい頃やっていた水泳をやってみようと思い、区営プールで泳いだらハマってしまって、それから水泳が趣味になってしまいました。
水泳のメリットは水の中での運動なので陸上での運動に比べて負担が軽くなりますし、屋内プールなら天候に左右されません。
水の中の無音状態が好きで、癒しの効果もあると思います。
私は運動量の激しいクロールよりも平泳ぎで長時間泳ぐようにしています。
クロールだと息が上がってすぐ疲れてしまいますが、平泳ぎでしたら長距離、長時間泳げるのでおすすめです。

30代女性:主婦

水泳自体子供の頃習い事の一つとしてやっていました。
スポーツが好きなので、今までに様々なものをやってきましたが、やはり水泳を趣味として一番長く続いているものになります。
推理が趣味として長く続いている理由としましては、まず自分一人でできるということと、天気や季節を問わず行えるスポーツであるということが大きいです。
泳ぎたくなったらプールがある施設に出向いて、思う存分泳ぐことができます。
水泳は、全身運動になるので、少し泳ぐだけでもだいぶ運動した気がします。
また、水泳が苦手な方でも、水中ウォーキングができるところがほとんどですので、これから始めてみようという方でもはじめやすいスポーツになります。
水泳は泳いで疲れた体をジャグジーで癒してリフレッシュすることもできますし、ダイエットを考えている方や、健康維持のためになど年齢問わずお勧めします。

30代女性:主婦

水泳が好きで、近くの区営プールへ行って泳いでいます。
もともと小さい頃にスイミングスクールに通っていて、泳ぐことが好きでした。
しかし、学業を理由にスイミングスクールも辞めてしまって、しばらく泳ぐことから離れていました。
高校卒業したあたりから、少しずつ太ってしまってどうにか体重を落としたいと思い、ランニングを始めました。ですが長続きしなかったので、小さい頃やっていた水泳をやってみようと思い、区営プールで泳いだらハマってしまって、それから水泳が趣味になってしまいました。
水泳のメリットは水の中での運動なので陸上での運動に比べて負担が軽くなりますし、屋内プールなら天候に左右されません。
水の中の無音状態が好きで、癒しの効果もあると思います。
私は運動量の激しいクロールよりも平泳ぎで長時間泳ぐようにしています。
クロールだと息が上がってすぐ疲れてしまいますが、平泳ぎでしたら長距離、長時間泳げるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
水泳は楽しいスポーツです。
体一つで、季節を問わず、いつでもはじめることができます。
水に親しむところからはじめて、次に水中に潜って水の中をのぞいてみましょう。
水が怖くないと感じたら、今度は水中に身をゆだねて浮いてみるととても気持ちよく感じます。
水泳は大人になってからでもはじめられるスポーツですので、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味に車がおすすめ?初心者からのはじめ方や体験談情報!

趣味にロードバイクがおすすめ!風を感じる爽快感、はじめ方や体験談についても!

趣味がピクニック?初め方や魅力と体験談情報

趣味に書道がおすすめ!はじめかたや上達ポイントについて!

趣味に陶芸がおすすめ!無心で土をさわって、自分だけのオリジナル作品をつくってみて...

趣味どきの放送内容や本について!過去の動画情報なども!