趣味に釣りがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても!

スポンサードリンク

釣りと聞くとアクティブな遊びをイメージをする方が多いと思います。

その反面、なかなか取っ掛かりが大変なイメージもあるかもしれません。

ただ、一度趣味で釣りをはじめると夢中になってしまうくらい楽しめます。

今回は、そんな趣味で釣りをはじめたい方に釣りのはじめ方や上達するコツをご紹介いたします。

是非、これから釣りを趣味ではじめてみたい方は参考にしてみて下さい。

釣りの魅力

釣りの魅力は、釣り上げるまでの手に伝わる力強さや躍動感で、これは実際に体験をしてみないと分からなと思います。

釣りたい魚のために必要な道具を揃えて仕掛けを作り、エサを選んで場所を考えるたりと魚との駆け引きをして、釣れたときの楽しみや喜びは格別です。

釣っている時は、魚の事ばかりを考えるので無心になれて日頃の悩みや仕事の事を忘れられて、自然の中でするので癒しもあり気持ちもリフレッシュ出来るかと思います。

釣りには様々な種類があって、海や川そして湖どの細かく分けられて、それぞれの違った釣りの魅力があり、たくさんの楽しみがあります。

是非自分に合った釣りを見つけて楽しみましょう。

釣りのはじめ方

海、川、湖、等で自分が何の魚を狙うのかなどにより、道具が仕掛けなど様々に変わってきます。

そして釣り方の例として「投げ釣り」、「浮き釣り」、「ルアー釣り」、「船釣り」とまだまだ例はあるのですが、大きく分けて2種類になります。

ゴカイやエビ等を付けて釣る餌釣り、そしてミミズや小魚等に似せた疑似餌をルアーと言い、ルアーを付けるルアー釣りがあります。

自信の釣り方が決まれば道具の準備です。

釣り竿やリールを選ぶときのポイントは、どの魚を釣りたいのかサイズはどれくらいか予算はいくらまでかをまとめておくことが大切です。

合わない竿を使うと、使いにくく仕掛けとのバランスが悪く魚を取り逃がすことがあります。

何より、釣具屋の店員さんと直接話しながら商品を選ぶのをオススメします。

最初は竿とラインセットのリールで試して見るのも良いでしょう。

上達するコツ

釣りたい魚の生態を勉強する事です。

そして、釣り場に何度も通ってポイントを探る。

時間帯によっては、ポイントの状況が変わったりします。

水温や水流になど自然の状況や季節で、どこで釣れるか変わって来ます。

釣りに行けば行くだけ自分の中の発想や引き出しがきっと増えて来ますので沢山釣り場に通ってみて下さい。

これらの経験を分析することが早く上達に繋がると思います。

そして初心者と上級者では技術が違います。

道具の準備、糸の角度や竿の動かし方、タイミングなど、スキルを磨くことも一つです。

もう一つ、忘れてはいけないのが釣具屋さんからのポイント情報も釣果を増やす大事な方法です。

釣りが趣味の方の体験談

30代女性:歯科衛生士

釣りを趣味としてはじめたきっかけは、小学生時代に友人から誘われたのがきっかけでした。

友人は既に釣りを経験していたので、釣りの楽しさを面白くおかしく説明してもらったんです。

友達の話を聞いて「釣りってこんなに楽しいものなのか」と思い私もやってみたいと思いました。

それから20年近く経った今でも釣りは趣味です。

今まで色々なことをしてきましたが、こんなに長く続いている趣味は釣り以外にありません。

釣りを趣味とするメリットは色々とあるんですが、一番は人生が豊かになるということですね。

釣りでつながる人間関係もありますし、釣りが目的の旅行もできるようになります。

何より自然と感じることができるので、日頃のストレスを発散できるのが良いと部分だと思います。

川釣りなどは、川辺を歩くことになるので運動にもなります。

10キロウオーキングで歩くとなると苦痛に感じますが、釣りで10キロ歩くとなると苦になりません。

高いリールや竿などを購入すると、大人なのに凄くテンションが上がってしまいます。

色々なシーンで釣りをしていて良かったなと感じますね。

20代男性:自営業

私が釣りを始めたのは中学生の頃でした。

もともと、熱しやすく冷めやすい性格で、短期だったのを治すために始めました。

釣りは基本的に待っている時間が長いので、忍耐力を付けるにはもってこいだと思います。

実際、釣りを始めてからは小さなことで怒らなくなり、勉強への集中力も増したように感じます。

短気だったり、物事が長続きしないという人は釣りを趣味にしてみてはいかかでしょうか。

ただし、私は短気から普通を通り過ぎて若干ゆっくりといった正確になってしまったので、そこまではなりたくないという人は注意が必要かもしれませんね。

まずは、釣り堀でもいいので釣りという体験に触れてみるのがオススメです。

最初はただ座っているのを退屈に感じるかもしれませんが、次第にゆっくりと流れる時間そのものを楽しめるようになっていきますよ。

まあ、残念ながら最初のとろころで耐えきれず、釣れないと怒り狂ってしまう人もたまにいますが…。

20代女性:学生

釣りを始めたきっかけは、小学生の頃に家族で行ったキャンプ場でやったニジマス釣りがとても楽しかったからです。

川の中にある釣り堀で、キャンプ場に併設されていました。

釣り竿を持つのもエサをハリに付けるのも初めてだったので、上手にエサを付けることができませんでした。

悪銭苦闘している私を見て、知らない人たちがニコニコしながら手伝ってくれました。

「初めてなのか。すぐ上手になるから頑張りな。」と優しくしてくれたことを今でもハッキリと覚えています。

初めて会う知らない人同士でも仲良くなれる釣りを、この時から大好きになりました。

自分から本やインターネットで釣りの勉強をして、川や湖、そして海などへ連れて行ってもらいました。

釣りを始めてから普段の生活にも役立ったことがあります。

釣りを始める前は引っ込み思案でしたが、知らない人と挨拶や話ができる社交性が身に付いてきました。

自分から進んで話しかける姿を見て、両親がとても驚いていました。

一つのことに集中できるようになったのも、釣りを始めたためだと思います。

水面から顔を出しているウキの動き方で、水の中の魚の動きを感じなければいけません。

ウキに全神経を集中していないと、エサの近くに魚が来ているのか、それともただ揺れているだけなのかが判断できません。

釣りをしているだけで、自然と社交性や集中力が身に付いてきました。

釣りは魚を釣り上げるだけではなく、たくさんの人と出会うことができるステキな趣味だと思います。

まとめ

釣りは、自然の中で一年を通して出来ます。

海、川、湖などで季節を感じて、癒され日頃の疲れをリフレッシュ出来ます。

そして釣れないときの時間も楽しむ。

釣りは、釣れない時間の方が圧倒的に長いかもしれません。

釣れない時の時間も是非楽しんでみて下さい。

無中で魚と静かな戦いをするのも良し、ちょっと待ちの状態で考え事をするのも良しと人それぞれ違った楽しみ方も釣りの魅力だと思います。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味に演劇鑑賞がおすすめ!はじめ方や楽しむポイントに付いても!

趣味にカメラがおすすめ!はじめ方や上達ポイントなども!

趣味にラジコンがおすすめ!初心者からの初め方や体験談情報!

趣味に書道がおすすめ!はじめかたや上達ポイントについて!

趣味にサイクリングがおすすめ!初め方や体験談も!

趣味にスノーボードが冬にオススメ!初め方や上達のコツも!