趣味にバレーボールがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても

学校の授業や休み時間の遊びなどで、一度はバレーボールをやったことがあるのではないでしょうか?

バレーボールは、自分コートにボールを落とさないように、チームプレイで点数を稼ぐスポーツです。

プロの試合などをみると、迫力のあるスパイクや、スピード感のある連携プレーは目を奪われます。

あんな風に自分もプレイしてみたいな…と思う方のために、バレーボールを趣味にする方法をご紹介します。

バレーボールについて

バレーボールは、1チーム6人制が一般的です。

始めてバレーボールをする方がまず押さえておきたいルールは、次の3つ。
・必ず3回以内のパスで相手コートに返さなければいけない
・1人が2回連続でボールを触ってはいけない
・ネットに触ってはいけない

相手コートにボールを落とすために、
レシーブ(相手からのボールを拾う)、トス(相手コートに鋭い球を落とすための助走時間を作る)、スパイク(相手コートにボールを落とすためにボールを叩く)、という流れが一般的です。

ちなみに、人数が増えた9人制バレーボール、砂浜の上で2人制で行うビーチバレーボール、やわらかいボールを使うソフトバレーボールなどの種類があります。

バレーボールは、体力の向上やストレス発散はもちろん、またチームスポーツですので、チームメイトとは仲良くなれるでしょう。

試合中に感じる信頼感も、バレーボールで得られるメリットの一つです。

バレーボールは身長の高い人しかできないと思われがちですが、そんなことはありません。

身長が低くても、サーブで点数を稼いだり、テクニックと小回りが必要なセッター、ボールをとにかく拾う守護神リベロといったポジションもありますので、安心してください。

バレーボールのはじめ方について

バレーボールを始めたい人は、まず実際に試合を見ることから始めることをおすすめします。

生で見た方が迫力がありますが、TV中継や動画でも構いません。

世界大会やVリーグなどの、大きめの試合を見た方が楽しさ倍増です。

試合を見るうちに、バレーボールの魅力が分かるだけではなく、自分が好きだと思うプレイをする選手や、興味のあるポジションなどが分かってくると思います。

また、だんだんとゲームの流れやルール、テクニックなどが、ぼんやりと分かるようになります。

いくつかの試合を見てみたら、バレーボールのサークルに参加してみましょう。

ネットで検索すると、Web上の専用掲示板でメンバーを募集していたり、SNSなどで募集をかけていたりします。

場所が通いやすく【初心者OK】のサークルがあれば、一度見学を希望してみましょう。

サークルの雰囲気というのも、バレーボールを続けるうえで大切な要素です。

自分にぴったりのサークルを見つけたら、参加表明し、あとは練習あるのみです!

ちなみに、バレーボールを始める時に必要な道具は、スポーツウエアとバレーボールシューズ、タオルくらいです。

最初はコケることも多いかと思いますので、膝サポーターもあると安心です。

バレーボールを上達させるには

もっと上達したい!と思ったら、試合へ参加してみましょう。

もちろん、個人競技ではないのでハードルは高いかもしれません。

しかし、チームの仲間以外の人との試合は、色々な意味で刺激をもらえるので、上達するには一番効果のある方法です。

最初は緊張や不慣れな環境のせいで、練習の時よりもうまくいかないことがほとんどでしょう。

ですが、試合でしか知ることができない自分の弱点やコツというものが必ずあります。

試合後の練習の質がぐんと上がることは間違いありません。

誰でも負けは経験しているものです。

負けることを恐れないでチャレンジしてみてください。

試合に出るにはまだまだ、、、という方は、同じチームの中で上手いと思う人に、コツを聞いてみてください。

スポーツを上達させるには指導者が必要です。

チームメイトは仲間でもありコーチにもなってくれるはずです。

上手くなりたい!という気持ちを伝えれば、快く教えてくれるでしょう。

趣味がバレーボールの方の体験談

30代女性:事務職

私の趣味はバレーボールです。

バレーボールは、小学生の時にスポーツ少年団、中学生のときには部活動でやっていました。

しかし、身長が低かったので、高校ではバレーボールはやめてしまい、他の部活に入りました。

大人になって、結婚して、友達もいない、全く知らない土地に嫁ぎました。

バレーボールにこだわったわけではありませんが、体が動かせて友達が出来る趣味が欲しいと思い、小学校の体育館で練習している地域のママさんバレーに参加することにしました。

これが、バレーボールを趣味としてはじめたきっかけです。

他にもヨガ教室などにも行きましたが、バレーボールはチームプレーなので、仲間と仲良くなれる速さが、圧倒的に早いです。

新しくバレーボールをやりたい方も、すぐに、基本的なパス練習から二人一組で行いますので、チームに溶け込めるとおもいます。

また、これはママさんバレーに限ってかもしれませんが、バレーボールをやっている人は、社交性のある人が多く、付き合いやすいです。

私もチームに、自分と同じように、遠方から嫁いで友達があまりいない人もいたので、バレーボール以外でも話が合い、仲良くさせてもらっています。

20代男性:会社員

私がバレーボールを始めたきっかけは、中学時代バレーボール部の友人に誘われたことです。

私自身は野球部に所属しておりバレーは学校の授業でやった程度でした。

当時うちの学校のバレーボール部は人数が出来なく試合が出来ないどころか満足な練習もできない状態でした。

そこで友人から時間があるときだけでいいから試合に出てほしいと言われたのがきっかけでした。

実際に試合に出てみると学校の授業とはレベルが違い足を引きずることになり悔しい思いをしました。

その悔しさから趣味としてバレーボールの練習を始めました。

これからバレーボールを始める方にバレーボールをお勧めできるポイントとしては練習に参加できる機会が他のスポーツに加え比較的多く、また、時間や天候、季節に左右されることなく1年中安定してスポーツが出来ることです。

バレーボールは近くの小学校などでママさんバレーをやっていうことが多いのでそこに参加することで、仕事終わりにも練習できるのでとても始めやすいスポーツだと思います(ママさんバレーのレベルは意外に高いですよ。笑)。

また、初期費用も余りかからないのもいいと思います。

30代男性:会社員

私がバレーボールを始めるキッカケは、子供の小学校のPTAをする事になり、PTA活動の一環でバレーボール大会があり毎週の練習に参加しないといけなくなった事がキッカケです。

始めは、今までやった事のない競技だった事もあり、面倒くさい・出来る事ならばやりたくないという気持ちを抱いていました。

バレーボール練習当日となり実際にやってみると結構面白いと思いました。

テレビで見ている様な強いスパイク・サーブが来るわけでも無く、ふわっとしたラリーの繰り返しという感じなので初心者でも問題なく参加出来ると感じました。

これからバレーボールをしようか迷っている方は、是非参加した方が良いと思います。

やはり団体競技なのでチームのみんなともすぐに仲良くなる事が出来ます。

なぜPTAでバレーボールなのかわかった気がします。運動なので運動不足も解消されますのですごくオススメな競技です。

まとめ

バレーボールを始めたばかりの頃は、腕のあたりが内出血を起こして青くなることがありますが、痛いのも最初だけです。慣れてくると、どんどんボールが繋がるようになり、もっとチームのためにうまくなりたいと思うようになるはず。

何よりチームメイトとの絆が強くなるのを感じます。臆せずに試合の経験を重ねて、どんどんスキルを身に付けていきましょう。体力と仲間を得ることが出来るバレーボールを趣味にしてみませんか。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味が紅茶?初め方や体験談について!

趣味にサーフィンが良い!モテるし海が好きな人にオススメ!

趣味に日本酒がおすすめ!はじめ方や楽しみ方をまとめました!

趣味にバドミントンがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても

趣味にルアーフィッシングがおすすめ!初め方や上達方法なども!

趣味にヨットがおすすめ!素晴らしい自然と楽しい仲間にきっと出会える!