趣味にバイオリンがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても

スポンサードリンク

バイオリンは弾いている姿が優雅なだけではなく、その音色で色んな人の心をつかみます。

形も美しく、なんとも高級感溢れる楽器です。

バイオリンを弾くための弓は馬の尻尾の毛で作られているんですよ。

湿度の関係で音が変わったり、少しの微調整で全然違う音が出たりするデリケートな楽器なんです。

だからこそ大切に使って、メンテナンスもきちんとしてあげなければなりません。

バイオリンって音色を聴くのは良いが、自分で弾くとなるとなんだか難しそうという意見を持つ方が多いと思います。

そんな方に少しでも親近感をもってもらえたらと思ってバイオリンを紹介していきます。

バイオリンのはじめ方について

バイオリンを初めてみたいという方は、まずはバイオリンを実際に持って体験してみましょう。

いきなり買うことはせずに、どんな楽器か知ることから始めてみましょう。

と言っても、身近にバイオリンをさわれる場所なんて、あんまりないですよね?

そういう時は、近くのバイオリン教室かピアノ教室に問い合わせてみてください。

ピアノ教室でもバイオリンを扱っているところはあります。

そこで体験してみて、興味がさらにわいたらレッスンをお願いしてみると良いでしょう。

バイオリンはまず慣れるまでに三ヶ月はかかるので、基礎をしっかりと押さえるためには独学よりも教室に通うことをおすすめします。

基礎を何度も何度も繰り返しやって、やっとのことで、滑らかに弾くことができるのです。

ピアノのようにすぐに思った音が取れる訳ではありません。

自分の音感を磨き、指の位置を何度も練習して覚えていく必要があります。

上達するのに、時間がかかりますが、その分弾けるようになるととても楽しいですよ。

弾くためには感覚を養わなければなりませんが、覚えてしまえばスラスラできます。

少し、自転車に似てますね。感覚を覚えてしまえば、自分のものです。

上達のポイントについて

上記のように、上達にはかなり時間がかかります。

まず、基礎を確実に身に付けるために、バイオリンの弦をまっすぐ弾きつづけることをひたすらやっていきます。

これをボーイングと呼びます。

このまっすぐ弾くということさえ、最初は難しいのです。

バイオリンは4つの弦があります。

1つの弦を100回ずつなので、計400回のボーイングを毎日していきましょう。

これをすることで、正しい姿勢と安定した音を出すことができます。

また、音の強弱のコントロールをすることにも必要な基礎力です。

私自身、毎日のこのボーイングが嫌ではやく曲を弾きたい思いでいっぱいでしたが、弾いてみればわかります。

まず、正しい姿勢でまっすぐ弾くことが難しいので、ボーイングの練習が必要だと気づくはずです。

これは、弾けるようになっても、バイオリンを弾く時に必ず基礎練習として、上達のためにもやってほしいことです。

趣味がバイオリンの方の体験談

20代女性

趣味でバイオリンをはじめたきっかけは、弾けたらかっこいいなという憧れが昔からあり、大人になって自分のお金で自由に行動できるようになり、ちょうど時間も場所もいい教室を見つけることが出来たため始めました。

普通の楽器よりも難易度が高く難しいですが、だからこそ練習し甲斐があり面白いです。

大人になってからでも、きちんと練習を続けると弾けるようになります。

敷居が高く感じるかもしれませんが、ピアノなどと変わらず、道具さえ準備出来れば弾けます。

また値段も高そうに思いますが、ピンキリで、最初、先生から6万円か12万円で選ぶように言われました。

初期費用はかかりますが、それ以外はレッスン料なのでふつうの習い事とさほど変わらず、イメージよりもお安く感じました。

ですが場所にもよりますがピアノの習い事よりもレッスン料が高いところが多いかもしれません。

あと、弦の張替えなどメンテナンスにはちょこちょこお金もかかるので把握は必要です。

音が大きいのでマンションにお住まいの場合は消音器をつけるなどしての練習が必要になる方もいらっしゃるかと思います。

私もマンションで家では弾けなかったのでカラオケに行って練習するなど練習場所には少々困りました。

現在は一軒家なので昼間には普通に練習しています。

弾けるとお友達のお誕生日パーティーでハッピバースデーをひいたり、持ちネタが増えると思います。

あと一生続けられる趣味なので歳を重ねても楽しめます。

20代女性

バイオリンを初めたきっかけは、中学生の部活動で管弦楽部に入ったことです。

管弦楽で有名な中学校だったので、先輩たちの姿がカッコ良くて憧れて入りました。

中学生の部活でバイオリンの友達と一緒の高校が良くて、バイオリンをするためにほとんどのメンバーが一緒の高校に入りました。

そこでも3年間、コンクールで1位を目標に青春時代を過ごしました。

とても楽しくて、今でも当時弾いてた曲を聴くと泣きそうになります。

バイオリンをしている人は、偏見かもしれませんが頭が良い人が多いと思います。

私の周りにも頭の回転が早い友達が多く、進学の際は、その子達が頑張るので高みを目指して頑張れました。

バイオリンをしてなかったらその仲間たちと出会えなかったし、勉強も頑張らなかったと思います。

また、バイオリンができると周囲から羨ましがられますよ。

なかなかいませんもんね。

私は部活ですることができたので、本当にありがたかったです。

メリットは他にもいっぱいあります。一人で弾くのも楽しいですが、仲間が集まれば違うパートを弾いて合わせることができます。

この興奮は弾かないとわかりません。色んな音の重なりがとても楽しいですよ。

また指をたくさん動かすので、頭にも良いです。そして、ストレス発散にもなりますよ。

30代女性

趣味でバイオリンを始めたきっかけは、高校のオーケストラ部に入部したことでした。

初めは弾いている姿がカッコいいなと思って憧れのような気持ちで始めました。

最初は先輩に教えてもらっていたのですが、上達に限度があるなと思ったのでそのうち教室に通うようになり、今でも続けています。

先生によると大人になってからバイオリンを始める方もとても多いそうです。

右手と左手で全く別の動きをすることから脳の活性化や集中力の強化にもつながるそうです。

また、バイオリン単体で曲を弾くだけでなく、ピアノや他の楽器と一緒に合奏することで仲間もできるし発表会に向けて練習する楽しさもあります。

子供からお年寄りにまでお勧めの楽器だと聞き、これからも長く続けていきたいと思っています。

それに何より自分で好きな曲を弾けた時の感動は何物にも代え難いのでとてもお勧めです。

憧れの曲がある人はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

バイオリンはとても奥の深い楽器です。

基礎練習がとても重要になってきますが、どのんな物事にも基礎力は重要ですよね。

興味のある方はぜひ、その熱が冷めないうちにすばらしいバイオリンの世界に足を踏み入れてみてください。

きっと楽しく、充実した生活になりますよ。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味にジョギングがおすすめ!魅力や初め方などもまとめました!

趣味でクラシック音楽の初め方!楽しみ方や経験者の話も!

趣味を英語として始める方法!上達方法と体験談も!

趣味に献血がおすすめ!はじめ方や体験談についても!

趣味にロードバイクがおすすめ!風を感じる爽快感、はじめ方や体験談についても!

趣味にツーリングがおすすめな理由!初心者の初め方や体験談も!