趣味に手芸 (羊毛フェルト)がおすすめ!始め方や上達方法も!

スポンサードリンク

手芸を趣味ではじめたいと思っている方は、多く居ると思います。手芸は、世界でただ一つ、オリジナルの衣服や小物などをつくれ、時間をかければかけるほど愛着がわいてくるものです。

ここでは、趣味で手芸をはじめたい方に是非おすすめしたい羊毛フェルトをご紹介。羊毛フェルトってどんなもの?なにからはじめればいいの?などの疑問から上達への近道の秘訣までご紹介いたします。是非、趣味で羊毛フェルトをはじめられる方は参考にしてみて下さい。

羊毛フェルトとは

羊毛フェルトとは、羊毛を専用の針でつつくことによって、繊維を絡ませて好きな形に固めていける手芸の一種です。様々な色の羊毛を重ねて、ほのぼのとした優しい風合いのマスコットを作ることができます。また、この羊毛フェルトで、まるで本物のようなリアルな動物を作る作家さんもいます。

裁縫と違って、縫い目が残らないので、腕次第でどこからどう見ても本物にしか見えない、今にも動き出しそうな作品が作れます。もちろん、デフォルメされた真ん丸な動物のマスコットも、とてもかわいく作ることができます。

羊毛フェルトのはじめ方

道具が少なく、あまりお金をかけずに始められるのも羊毛フェルトのいいところです。最低限、用意するものは専用のニードル(針)と、羊毛だけ。あとは、作業用のマットもあると便利ですが、こちらは発泡スチロールや台所用のスポンジでも代用できます。最近は、100均でキットも売っているようです。また、作業用のマットもあるそうで、予備の針が付いてくるということなので、用意した針が折れても安心です。

道具を用意したら、あとは好きな色の羊毛を選んで針を刺していくだけ。ある程度まとまったら形を整えながら更に針を刺して固めていきます。形ができたら、別の色の羊毛を重ねてまた針で刺し、模様をつけます。延々と針を刺し続ける単調な作業で、根気がいりそうですが、針を刺すごとに固まっていく羊毛が不思議で、だんだん形が出来上がっていくのが面白く、癖になります。

キャラクターの目玉は黒の羊毛を刺してもいいですし、プラスチックのさし目も売っています。暖かみのある羊毛の風合いと、くりくりのつぶらな瞳がいっそうかわいくなります。

羊毛フェルトの上達方法について

単純な作業ですが、ハマるほどに、リアルな動物や細かい模様のある動物のマスコットなど、複雑なものも作りたくなってしまうのが羊毛フェルト。

でも、実は思い通りの形を作るのが意外と難しい。ポイントは羊毛の取り分け方にあります。羊毛の塊から使うぶんを取り分けるとき、縦に割くようにして取り分けると、繊維の跡が付きにくくなります。

次に形の作り方です。ある程度まとまるまでは、作業用のマットを突き刺す勢いでザクザク刺します。針が二本や三本セットできるペンタイプの持ち手もあり、作業が早くなって便利です。

まとまってきたら、手のひらで転がしたり指で押したりして形を整えていきます。この摩擦と熱でも羊毛は固まっていくようなので、ためらわずにぎゅうぎゅうと押してください。押して形を整えながら、針で刺して固めます。羊毛を固める針とは別に、綺麗に仕上がる仕上げ用の針もあるので慣れてきたら使ってみてください。

最後は目です。生き物を描くときは、目が一番大切になります。羊毛フェルトも目の位置で、その動物らしさやかわいさが決まります。プラスチックのさし目を使うときは、目打ちや眉切り用の細いハサミなどで、目の位置に深めの穴を開けましょう。目を差し込みやすくなります。失敗したと思ったら、針で刺し直して固めればやり直しがききます。納得の行くかわいい目をつけてあげてください。

羊毛フェルトの作品集

手芸 (羊毛フェルト)を趣味にしている体験談

<30代女性:専業主婦>
知人の誘いで羊毛フェルトをはじめて8年ほどになります。羊毛フェルトのメリットはなんといっても創作の自由度が高い所だと思います。羊さんの毛だったものが針ひとつで形が創れて、粘土のようにどんな形にも出来るし、失敗しても簡単にやりなおせるので手芸が初心者の方にぜひおすすめです。必要なものは羊毛と専用の針と羊毛フェルト用のマットだけで、準備も簡単です。だたチクチクと刺していくだけで作品づくりをする事ができます。しかし、刺すのに熱中しだすと針で手を刺してしまい痛い思いをする事もあるので絆創膏の用意は必須です。それに羊毛フェルト用の針は折れやすく、初めての方は簡単にボキボキと折ってしまうことがあるので代えの針は多目に用意する必要があります。今は100均でも材料は揃いますが、品質はあまりお勧めできないのでしっかりとした作品作りをしたい場合は材料を手芸店で揃えた方がよいでしょう。

<50代女性:サービス業>
ひたすらニードルでツンツン、ツンツンする趣味が羊毛フェルトです。出版されている本をみると動物たちの作品が多いですがメチャクチャ可愛いです。自分でも作ってみたいと強く思うこと間違いなしです。必要な道具はフェルトを刺すニードル針と下敷き用のスポンジ、羊毛フェルトですね。100均でキットが販売されているので最初にトライするのはこちらが便利です。要領はずばりひたすら針をツンツン刺すことです。早く完成したくなりますがじっと我慢してひたすら見本の写真を見ながら針を刺していきます。針は尖っているので注意しながら刺します。そのうち羊毛がフェルト化してきます。パーツを組み合わせればほぼ完成です。重要なのは目です。動物だと目をどこに付けるかで出来に差が出ますので、慎重につけ最後まで完成させましょう。多少思い通りに出来なくても楽しいですよ。場所も取らずアクセサリーにもなる楽しい趣味です。

<30代女性:専業主婦>
羊毛フェルトは気軽に始められる趣味でオススメです。専用の針で羊毛フェルトにチクチク刺していき好きな形に整えていきます。作りたい物が見当たらない場合は羊毛フェルトの本などを利用するのも良いと思います。たくさんのデザインが載っているので好きなデザインが見つかると思います慣れてきたら動物のぬいぐるみやアクセサリーなども作れる様になってきます。デメリットなどは特にありませんが針を刺している間に無心になりすぎて時々針に指を刺してしまう事があるので気をつけましょう。初心者の方が羊毛フェルトのキットを揃える際には、100円均一で購入する事がオススメです。フェルトのカラーも揃っていますし専用の針も売っているので初めてする方には気楽ではないでしょうか万が一自分にあっていないと感じてもお金の無駄にならないと思うからです。慣れてきてから手芸店舗がなどでフェルトや針を購入すれば良いと思います。

まとめ

知れば知るほど奥が深い羊毛フェルトの世界。羊毛フェルトは、あたたかく、優しい風合いでかわいい作品たちができ、また必要な道具がそれほど多くないという始めやすさから、最近ますますハマる人が増えている手芸のひとつです。

小さめのマスコット作りからなら気軽に始められて、失敗しにくく、作りながら修正していけるので、まず趣味で手芸をはじめたい方は、是非羊毛フェルトの世界を体験してみて下さい。あなたも、羊毛特有のほのぼのとしたかわいさに癒されますよ。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味にツーリングがおすすめな理由!初心者の初め方や体験談も!

趣味に書道がおすすめ!はじめかたや上達ポイントについて!

趣味にルアーフィッシングがおすすめ!初め方や上達方法なども!

趣味にヨットがおすすめ!素晴らしい自然と楽しい仲間にきっと出会える!

趣味にバドミントンがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても

趣味に裁縫がおすすめ?裁縫の初め方と体験談!