趣味に歴史がおすすめ!マンガから学ぶ歴史のたのしみ方をご紹介!

スポンサードリンク

みなさん、学生時代誰しも、日本史・世界史といった歴史を勉強してきましたよね。

学校の歴史の勉強というと、してきたというよりは、やらされていた感が強くなかったですか?

趣味としての歴史ならば、勉強を強いられることはありません!テストもありません!覚える必要性もないのです!

人が好き・旅が好き・マンガが好きなんて方には、ぜひ趣味としての歴史をオススメします。苦手だ嫌いだと思っていた中に、興味深いものが眠っているかもしれません。

ここでは、これから歴史を趣味としてはじめたいという方に向けて魅力や楽しむ方法をご紹介していきます。

是非、参考にしてみて下さい。

歴史を趣味として始めるには

『歴史』という単語は、みなさんご存知の通りでしょうから始めるも何もありませんが、とっつきやすくなる方法をご提案いたします。

歴史もののマンガから始めてはどうでしょうか?

マンガですと、読書のように字をしっかり読み込む必要がありません。

さらに、主人公がいたりして、歴史の世界観に入り込みやすいです。好きなキャラクターが見つかれば、なおさら楽しいです。

タイムスリップして、非現実を味わえますよ。

オススメの歴史漫画をご紹介しますね。

・風光る/渡辺多恵子 (江戸末期)
・バガボンド/井上雄彦 (江戸初期)
・キングダム/原泰久(古代中国 春秋戦国時代)
・銀魂/空知英秋(江戸末期?)

上から、史実に忠実に基づいてる順に並べています。

BL色の強いものからギャグマンガに戦闘マンガに、ジャンルも様々です。

気分転換にもなりますよ。

今話題になっているマンガもあり、歴史と思わずに読めるはずです。

より歴史を楽しむには

マンガを読んでると、キャラクターたちの元となった実在の人物も気になり始めます。

さらにマンガの展開や結末も、史実が元となるために、おおよそ予測できたりするわけです。

歴史を調べて先回りして、作者はどういう展開にするのか考えながら、マンガを読み進められます。

実在の人物が気になり始めると、その人の生い立ちや暮らしぶり、エピソードも気になり始めます。

例えば、新撰組の土方歳三ですが、鬼副長と呼ばれるかたわら、けっこうロマンチックな俳句を詠んでいます。

また、徒然草を書いた吉田兼好は、恋愛好きでしたが『現実の女はいらない』と言う程の二次元オタクでした。

歴史上の人物といえど、かたよりや人間らしい一面が垣間見えます。

面白い偉人から調べていっても、笑えるエピソードがたくさん見つかりますよ。

さらに、地域にも注目です。

かの偉人がいたであろう場所に、行ってみるのも面白いです。

街の形は変わっていても、偉人たちが見た同じ景色を眺められるというのは、感慨深いものがあります。

お城は、街を見渡せるように高台にあることも多く、かつて城主が治めた場所を一望できたりします。

わざわざ遠くまで行かなくても、意外と近所にも史跡やゆかりの道があったりします。

自分の好きな時代とは限りませんが、散歩がてら近場の史跡をめぐるのも楽しいです。

歴史が趣味の体験談

30代女性:医療事務

歴史が好きになったきっかけは、大河ドラマ「江」・「新選組」・「平清盛」、テレビアニメ「戦国BASARA」・「薄桜鬼」・「遥かなる時空の中で」を見たことがきっかけです。

テレビからより詳しく歴史上の登場人物のことを知って関心を深め、大河ドラマ関連のバスツアーに参加したり、地元の宮島に行ったり、五稜郭に観光に行って、実際にその場に行くことでさらに感動し、趣味として歴史にハマっています。

武将などで言えば、その生きざまがカッコよかったり、家紋がカッコイイところが素敵です。

歴史を深く知りたい人は、その地に足を運んでみるか、マンガやテレビアニメ、ゲーム、ドラマなどから入って知ることから始めればいいと思います。

現実には会えない人達だけれど、歴史を知ってその人が生きた証を知ることで、当時を想像することが楽しいです。

当時の現状と今の現状を比較したら、今は不況だとは言っても、当時に比べれば私達は平和な世の中でマシだから頑張ろうと思えるので、そこが歴史のイイところでもあります。

20代女性:会社員

歴史が趣味になったきっかけは、マンガです。

『風光る』という幕末期のマンガを読むうちに、歴史全般を知ることが楽しくなりました。

歴史の楽しみ方として、歴史上の人物のエピソードを知るといいと思います。

歴史上の偉人たちも、完璧ではなかったわけです。

例えば徒然草を描いた吉田兼好は、二次元の先駆けであり、恋愛好きなのに現実の女はいらないと言っていたとか。

美男子で有名な剣士、沖田総司ですが、絵を見る限り下ぶくれで糸目で日本人形のような顔つき。

さらに死因が労咳という説もありますが、性病の梅毒で亡くなったとの説もあります。

生きていくのは、歴史上の人物といえど苦労したんだなと思います。

さらに、史跡をたどるのも楽しいです。

かつてその方がいたであろう場所に立ってみると、感慨深い気持ちになります。

気に入った歴史上の人物ならばなおさらです。

お城や高台から見える風景は、かつて納めたであろう土地ですから、多少街並みは違くても面白いです。

30代男性:会社員

私は以前から宗教や哲学、思想に興味がありました。

学んでいくうちに、仏教やキリスト教のような世界宗教は元は万人に受け入れられる教義を持っていたからではなく、民衆の総意として様々な土地に根付いていったわけでもないという事実を知るようになりました。

これから歴史を学ぼうという方は膨大な歴史のあらすじを全て知ろうなどと思わず、自分の興味のある時代や国を絞ってみたらどうでしょうか?

もしくは、私のように宗教や哲学に関係する歴史だったり、科学の発展の歴史なんかでもいい。

好きな時代や地域、分野をもち、歴史的経緯を知れば何事も小さな出来事の積み重ねで成り立っていると分かります。

「堅き氷も霜が降るより至る」です。

歴史の素晴らしさの最たる点は、過去に生きた何千、何万の歴史上の人物の人生を疑似体験出来ることです。是非歴史の面白さを味わってみて下さい。

趣味歴史のまとめ

歴史と聞いて難しいイメージをもたれることがあるかもしれませんが、身近なマンガから入ることとで、歴史についてとてもとっつきやすく、楽しみながら趣味を続けられると思います。

さらに、「歴史もののマンガを読む⇒そのマンガの好きなキャラクターの実在した人物を探る⇒面白い歴史上の人物を探す⇒史跡をめぐる」というサイクルでまわしていけば、より歴史を楽しむことが出来ると思います。

学生の時とはちがった、歴史の楽しみ方ができるはずです。

歴史の中には、まだまだ知らないおもしろ小話が隠れてますよ。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味にピアノがおすすめ!初め方や上達のポイントもまとめました

趣味に裁縫がおすすめ?裁縫の初め方と体験談!

趣味にバドミントンがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても

趣味にDIY(日曜大工)がおすすめ!はじめ方や上達ポイントも!

趣味にサイクリングがおすすめ!初め方や体験談も!

趣味が紅茶?初め方や体験談について!