趣味に献血がおすすめ!はじめ方や体験談についても!

スポンサードリンク

何か役に立つことをしたいけれど、何をすればいいかわからない。技能もないし、知らない人と話すのも苦手。

そんな人は多いのではないでしょうか。

健康ならば、献血をしてみませんか。

献血は、健康な血液を供給するボランティアです。

そんな献血について興味があり、一度やってみたいという方に、献血について体験談を交えご紹介します。

献血について

献血は、全血献血と成分献血に大別されます。

全血献血は、文字通り、血液をそのまま採取します。分量が200mlと400mlの2種に分かれます。採血だけなら10分程度で終わります。

成分献血も2つあり、血しょう献血と血小板献血があります。一度採血したものを遠心分離機にかけ、必要な血液成分を抽出した後、残りを体内に戻します。

この工程の所要時間は、血液成分や血管の細さによって個人差があり、30~90分とまちまちです。

献血量も、体重によって違い、50㎏の人ならば400ml程度です。

献血の種類によって、協力者の条件は細分化されています。年齢や体重、成分の比重など、基準値を満たさないと、採血されません。協力者の安全も考慮しているためです。

献血をできるのは、固定の血液センターや献血ルームというところです。それから、街頭献血があります。駅やショッピングセンターに、移動採血車も運行しています。

献血のシミュレーションをしてみよう

献血前には、必ず食事を摂ってください。

6時間以上の睡眠も推奨されています。

服装は脱ぎ着をしやすいものを選びましょう。脱衣はありません。採血するのは、肘の内側です。

献血会場では、受付をします。献血がはじめてならば、身分証明書を提示します。

それから、問診票に書きこみます。その日希望する献血の種類を、ここで一度決めます。

問診票を元に、医師の問診と血圧測定があります。疑問があれば、質問しましょう。

看護師が、検査のために少量の採血をします。血液の成分が基準に達しない場合、献血は、辞退か変更になります。

検査をクリアしたら、いよいよ献血本番です。採血するのは、検査とは逆の腕、血管が太い方の腕です。おおむね利き腕です。

ベッドに横たわり、リラックスを心がけます。

終了後は、軽い貧血状態になっています。水分を十分とり、休みます。

献血の後日、血液検査のより詳細な結果が送付されます。

大まかな流れは、以上のような感じです。

他の注意点は、スマホなどの電源を切る、激しい運動をしないといった、医療行為を受けるときとほぼ同じです。

献血のすすめ

日本赤十字では、献血に興味を持ってもらうことからはじめています。

「はたちの献血」は、息の長い大キャンペーンです。

毎年、活躍中のアスリートやタレントをキャンペーンキャラクターに起用し、大々的に広報しています。

冬は協力者が減ります。成人の日をはさんで、若い人の協力を呼びかけています。

協力者にプレゼントされるグッズは、タレントのファンにとっては、貴重なコレクターズアイテムです。

人気キャラクターとのコラボグッズも、不定期で配布されています。

献血ルームが、独自の企画を展開することもあります。

占いやネイルサロンを開催したり、アイスクリームやドーナツを用意しているところもあります。

その企画も、ボランティアの協力なしではできません。

献血が趣味の体験談

40代男性:販売業

仕事柄外まわりで少しの空き時間に献血しにいきます。

はじめたきっかけは、会社の健康診断で肝臓の数値が高いと指摘を受けて少し痩せる事を勧められ健康面を気にしてダイエットした後、

病院で健康診断を受けても費用がかかるしなと思っていたところ知り合いから献血でも肝臓の数値を教えてくれる事を教えて頂き行ったのがきっかけです。

献血センターの待合室の雰囲気が皆さん献血という善意をもってきている所なのでとても雰囲気良く一見いかつそうな人も本当は優しいのかなと気持ちが和みます。

そして献血をするという事で人の為になっている事を実感できて、血液の状態も教えてくれるので健康を管理をしっかりできて今では肝臓の数値も良くなりました。

献血センターのあの人の善意を非常に感じられる場所というのはもしかしたらあまりない気がします。

自分にとって悪い事は一つもない続けていきたい趣味ですのでおすすめです。

40代女性:自由業

献血をはじめたのは、高校1年のときです。

16歳の誕生日のすぐ後に、学校に移動採血車が来て、数学がさぼれるのでやりました。

それから、半年に一度くらい、移動採血車をみかけると協力していました。

大学時代に成分献血がはじまって、全血よりも求められることが多くなりました。

学生時代は、体力自慢と謝礼品目当てでした。

今でも献血ルームでは、軽食を用意していますが、当時は金券などもいただけました。

売血にあたるのではないかと物言いがついて、金券が廃止になったのは、正直残念でした。

同じころ、成分献血時の消毒がアルコールからイソジンに変わりました。ヨード過敏のため、成分献血はできなくなりました。

それでも続けたのは、家族の病気も関係しています。当時、家族が血液製剤を使っていました。

情けは人のためならずといいますが、自分の血液が誰かのためになるのなら、家族の治療もうまくいくのではないかと思いました。

家族には効果がなく、死去後もお礼のために続けていました。

今は、頻脈のため、三度に二度は断られます。

若いときは、睡眠不足でも、食事抜きでも、協力前の問診はオールクリアだったので、無理のできない年になったのでしょうね。

献血ができる体でいたいと、食事には気をつけています。

献血のために健康を保持というのは、本末転倒かもしれません。

献血協力をすると、自分の血液成分を知ることができます。

問診時に血圧と脈を計るので、簡易の健康診断ができるわけです。

生活習慣病が気になる方は、日々の食生活改善の指標にしてもよいと思います。

もちろんそれは余禄です。

人のためになることができた自分を誇らしく思えるのが、献血の献血の最高のご褒美ではないでしょうか。

30代女性:専門職

私が献血を趣味で始めた理由はなんとなく社会貢献したいと思ったというのがきっかけでした。

ですから最初は本当にただの気まぐれで始めたのですがいざ献血に行ってみると最近の献血は本当に好待遇で献血に行くのが楽しいと思いました。

それでそれ以降献血に行くのがすっかり趣味になってしまいました。

特に私が献血をやって良かったと思ったのは献血をすればそれでそこでジュースを飲んだり漫画を読んだりできるのが良いと思いました。

なので暇つぶしのついでに社会貢献ができてとても気分が良いというのが良かったです。

これが良いと感じたのは単に自分が暇つぶしをやっているだけでなく同時に献血をして人の役に立っているというのが良いと思いました。

なのでこれから献血を趣味でやろうと思っているなら献血を趣味で始めると思った以上に楽しくてハマります。

特にお金をかけずに時間を潰したいと思った時は献血に行くのが最適です。

思った以上に時間を潰せて良いです。

まとめ

献血はボランティアです。

命を救うという大義が、とっつきにくいものにしているのかもしれません。

きっかけはなんであれ、健康であり、名前も知らない人のために動いたという事実に、違いはないのです。

まずは、最初の一歩から。もし興味を持てば、二度三度と継続していくことがおすすめです。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味にスノーボードが冬にオススメ!初め方や上達のコツも!

趣味にジョギングがおすすめ!魅力や初め方などもまとめました!

趣味にそろばんがおすすめ!魅力や初め方も!脳トレに良い?

趣味に熱帯魚がおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても!

趣味に裁縫がおすすめ?裁縫の初め方と体験談!

趣味にカメラがおすすめ!はじめ方や上達ポイントなども!