趣味に園芸がおすすめ!はじめての方におすすめな方法や体験談についても

スポンサードリンク

園芸を趣味として始めたい方には、園芸のイメージは難しいと感じる方が多いかもしれません。

ただ園芸といっても、花や野菜などいろいろなものがあるため、はじめて趣味で園芸を始められる方は、身近なもので、丈夫でよく育ちやすいものからやられるのがおすすめです。

きっと楽しくなって夢中になるはずです。

愛情も湧いてくるでしょう。

ここでは、これから園芸を趣味としてはじめたいという方に向けて、初心者でもはじめやすい家庭菜園を例に、その他の園芸を趣味にされている方の体験談をご紹介いたします。

是非、参考にしてみて下さい。

園芸をはじめる準備

まずは自分が何を作るか考えて準備をしましょう。

今回はベランダの家庭菜園を例にご紹介します。

季節を考えて何を栽培するか、インターネットで調べてもいいですし、現在は家庭菜園ブームでホームセンターにも用品がありますので、ホームセンターの係の人に聞くとより良いアドバイスがもらえるかもしれません。

今回は、野菜を自分の限られたスペースで栽培できるベランダ菜園の準備をご紹介します。

野菜を畑では無くベランダで育てられたらいいなと思う方は多いと思います。

ベランダのプランターなら場所もとりませんから手軽に始められるという利点があります。

畑などは田舎など土地のある方では無理です。

気軽に手軽にプランターで野菜を愛情をこめて育てて野菜不足の足しになればいいかなと思います。

では、次に具体的な育て方として、ネギを例に育て方のご紹介を致します。

園芸の始めかた、プランター菜園

プランター菜園でネギを栽培するにあたり、ネギの特性を紹介します。

ネギは私達に身近な野菜です。

ネギは寒く雪が降っても冬を越せる特性を持っているので、はじめて家庭菜園、プランター菜園をやられる方にはオススメの品種です。

まずは土をプランターに、その土はどのような土が良いのかと言いますと、ホームセンターに販売されている培養土で良いです。

プランターは深さが10センチぐらいのものを用意して下さい。

そして、プランターのそこに鉢底石を綺麗に並べて下さい。

鉢底石もホームセンターで販売されています。

ネギは水をいっぱい吸収しますので培養土はプランターいっぱいに入れないで、3センチぐらい余裕を残して下さい。

種から育てると大変時間がかかります。

裏技ですが、スーパーのネギの根っこの部分を3〜4センチ切りその根っこをプランターに植える事ができます。

これかがプランター園芸の醍醐味です。

手軽にプランターと土があれば畑はいらない所が面白いです。

次に、実際に植えてみましょう。

基本は一本づつ植えていきます。

あとは水をたっぷりあげましょう。

気候は20℃前後が育てる適温ですが、なんと、ネギはマイナス8℃まで耐える大変強い野菜です。

しかし、湿度には弱いので通気の良い場所で育てましょう。

また、通気の悪い場所や水はけの悪い土は避けましょう。

根腐れをおこしてしまいます。

そして、日光もいっぱい浴びさせてあげましょう。

陽当たりの良いベランダにピッタリです。

最近は100均にもセットが売ってあるそうです。

園芸プランター栽培上達

プランター栽培を上達させるには、上記に記した事をさらに専門的に説明します。

プランターを選ぶ時は、底面が排水性の良い網上のものを購入すると良いです。

そして大切な土これは、培養土で充分ですが、初心者の方には最初から土に栄養のある元肥入りの培養土をオススメ致します。

そして忘れてならない、スコップとジョロです。

手袋も忘れずにあとは剪定バサミがあると収穫の時に便利です。

スコップは土をならしたり混ぜたりと家庭菜園には欠かせないアイテムです。

ふるいもあると便利です。

土をかけるさいに薄く上からかける時に必要です。

次に水やりを忘れずにして下さい。

害虫も注意です。

アブラムシ、ナメクジ、特にナメクジはせっかくの実っているネギなどの葉の部分を食べますので気をつけて下さい。

対策としては、ホームセンターの害虫避けの薬が販売していますが、薬剤では無く天然にこだわると、米の研ぎ汁や飲みかけのビールをアルミホイルに入れてそばに置いておくと良いです。

園芸が趣味の体験談

40代女性:デザイナー

私が園芸に興味を持ち始めた頃は、イングリッシュガーデンがもてはやされ、書店にも関連書籍が溢れて飽和状態の頃でした。

素敵な写真を目にして憧れたものの、そもそも庭がないため、数個の鉢にそれぞれ違う植物を植えて隙間なく並べる「なんちゃって」ガーデンを始めました。

それでも少しはこだわりを持ちたくて、鉢は古びたテラコッタ、ハーブやベリー類で雰囲気作りをしました。

今でも何となく続いているのは、完璧主義ではないことが理由だと思います。

植物をこよなく愛する方には怒られそうですが、仕事ではないのだからと割り切ったり諦めたりして、枯らしてしまっても「かわいそうなことしたなぁ」くらいの気持ちでいるのが私には大事なようです。

難しく考えなければ、園芸はとてもリラックス出来る作業です。

土などを運んだりと結構重労働でもあるのですが、不思議と心は軽くなります。

植物や土に触れる癒しの時間は、仕事や日々の鬱憤を晴らすのにもってこいです。

これから始めてみようかなという方は、肩肘張らずに楽しんでいただきたいと思います。

まずは、安い材料と育てやすい苗から。

もし枯らしてしまっても、育てやすいはずなのにと嘆かないでください。

原因はいろいろで、あなたが失敗したとは言い切れないからです。

そこから原因を追求するもよし、他の草花に乗り換えるもよし、もちろんやめてしまっても構いません。

とりあえず、土をいじって緑に触れてみませんか。

花を咲かせたり、株を大きくしたり、種を採ったりと、続けることで得られるものはたくさんありますよ。

30代女性:主婦

料理教室に参加した時、講師の女性からローズマリーの苗を頂きました。

それまで園芸とは縁のなかった私ですが、折角貰ったのだからとプランターで育ててみました。

すると大きく成長してくれて、それが思いの外楽しかったため他のハーブにも挑戦するようになりました。

以来多くはないですがベランダガーデニングしています。

手をかけた植物が育ってくれるのは凄く嬉しいです。

特にハーブは、単に花が咲いて終わりというわけではないのが良いです。

例えば、ローズマリーならベランダにあるだけで虫除けになりますし、料理にも使えます。

またその香りもとても素敵で、若返り効果があるなんて言われているんです。

わりと育てやすいハーフなので、園芸始めてみようかなと考えている女性にも勧められます。

お手入れと言っても、基本的には土の状態を見て水を与えるだけなので難しくありません。

ずぼらなアラサーOLの私でも育てられたので、安心して下さい。

コツがわかると色々な植物が育てられるようになってやりがい感じますよ。

30代男性

私は趣味としてベランダで家庭菜園をしています。

猫の額ほどの面積ですが、楽しく成長を見守っています。

夏にはミニトマトを植えました。

現在は、家庭菜園用のグッズも豊富で手軽に初心者から始める事が出来るのが魅力的です。

ミニ茄子も作りました。

本当に小さな茄子で一口で食べてしまうサイズですが、その種を植えて成長させるのが楽しいです。

ネギを現在育てています。

少しずつ伸びてきていますが今年は寒く少し成長が遅い気がします。

それがまた家庭菜園の楽しみでもあります。

自然との戦いで環境の厳しさを知ることとそれにどう対応するかも楽しみの一つであります。

園芸は生き物です始めて3年くらい経ちましたが、おもしろくてたまりません。

園芸の醍醐味は愛情を注いだだけ育って行くので子供の成長を見る様でとても楽しいです。

まだ園芸をされてない方には家庭用のミニサイズの観葉植物などがあるので、水やりをしたりして成長する姿を楽しんで見て欲しいので園芸を趣味におススメしたいです。

まてめ

今回は、園芸で家庭菜園、プランターで育てるネギをご紹介しましたが、園芸のおもしろさは、花であれば愛情を注いで育てると綺麗な花を咲かせます。

また盆栽などは、プロの域芸術ですね。

観葉植物もみな手塩にかけて育て世話をする事に園芸のおもしろさがあると思います。

今回ご紹介した野菜ならば食卓にあがり皆さんの口に入ります。

自分で育てた野菜は美味しいと思います。

ぜひみなさんプランターとベランダがあれば野菜を作れます。ためして下さい。

園芸に触れて頂ければ幸いです。

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味に歴史がおすすめ!マンガから学ぶ歴史のたのしみ方をご紹介!

趣味にバレーボールがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても

趣味にツーリングがおすすめな理由!初心者の初め方や体験談も!

趣味にバイオリンがおすすめ!はじめ方や上達のポイントについても

趣味に料理がおすすめ!節約に健康に言うことなし!異性にもモテる!

趣味に献血がおすすめ!はじめ方や体験談についても!